苦戦のアメリカ監督、トランプ政権の影響を訴える

写真拡大

『USA Today』は4日、「アメリカ代表監督のブルース・アリーナ氏は、ドナルド・トランプ大統領の政策の影響は大きいと語った」と報じた。

現在行われている北中米カリブ海予選で苦しんでおり、敗退の可能性も示唆されているアメリカ代表。

5日夜に行われるホンジュラスとのアウェイゲームで破れた場合、プレーオフに回る4位に転落してしまう。

この苦戦の理由に、周辺国からのアメリカへの敵対心があるのではないか?という話は以前からあった。

監督を務めているブルース・アリーナ氏はこの質問に対して以下のように話し、中央アメリカの人々の怒りによる影響はあると語ったという。

ブルース・アリーナ

(ドナルド・トランプの政策が、相手のプレーに影響を与えているか?)

「私はそう思う。それを言う必要があるかね?

我々の移民に対する政策は、中央アメリカの人々にインパクトを与えている。そうだろう?

そしておそらく、それで怒りを覚えさせている。代表チームがアメリカと戦うとなればね。それが重要なものになるのは間違いないだろう」