@AUTOCAR

写真拡大 (全3枚)

ポルシェ副会長 可能性を示す

ポルシェが2021年以降、フォーミュラ1にエンジンサプライヤーとして復帰する可能性がある。

同ブランドの財務およびIT担当の取締役会副会長であるルッツ・メシュケは、今週末のイタリアグランプリで、F1は、ポルシェにとって「うってつけの場所のひとつになりえる」と話している。

「ご承知の通り、フォーミュラEは現在のわたくし達にとって実に大切な選択肢です。一方でF1というのは、いつだって検討に値するテーマだと言えます。(F1の)新エンジンについては、かなり議論をしていると思いますよ」
 

1991年以来のカムバックなるか

ポルシェは、1991年にフットワークのA11Cにエンジンを供給。それ以来初めてF1へ関心を示している。これには、高度に複雑化した現在のハイブリッド・ドライブトレインから、2021年にはシンプルなV6ターボシステムへ移行するという計画が深く関連している。


「F1に関わるコストは削減する必要があります。それが、わたくし達の目標を実現するよい方法なのです」
 

F1エンジンサプライヤーの道、検討中

そして彼は、チームとして参戦することよりも、「議論しているのは、サプライヤーになることです」と付け加えた。


なおポルシェは、WEC(世界耐久選手権)のLMP1カテゴリーから今季終了とともに撤退をする。そして、2019/2020年シーズンからフォーミュラEへファクトリーチームとして参戦することになっている。