【ディズニーハロウィングルメ】妖しいヴィランズ一色のシー、フェス飯感覚の陽気なランド、どっちのグルメを楽しみたい?

写真拡大


2017年9月8日から東京ディズニーシーと東京ディズニーランドでスタートする「ディズニー・ハロウィーン」。これに先駆け、ただいま期間限定のスペシャルメニューが登場中!

東京ディズニーシーではもヴィランズ一色のスペシャルメニューが、東京ディズニーランドでは、ハロウィンのパレードを盛り上げる手軽で楽しいメニューがズラリ! みんなはどっちのグルメを楽しみたい?

【東京ディズニーシーにはヴィランズメニューが続々登場】

東京ディズニーシーでは、“クールで妖しいハロウィン”をテーマに、今年もパークが妖しげな異空間に変貌! スペシャルメニューもヴィランズモチーフのものをとことん堪能できます。

まずは“ハートの女王”をイメージしたという「ギョウザドッグ」。黒と赤のコントラストが目を引くピリっと辛めの一品(販売店舗は「ノーチラスギャレー」)。

ディズニー映画『白雪姫』に出てくる魔女が差し出した“魔法のリンゴ” をイメージしたのは「生ハムと紫キャベツのサンド」。魔法の薬のような、色味が妖しげなビアカクテルと一緒に召し上がれ(販売店舗は「ニューヨーク・デリ」)。


「カスバ・フードコート」では、ナンが付いたブラックカリーと、ジャファーのマントがひるがえる様子をイメージしたラッシーのセットが販売に!

【東京ディズニーランドは手軽で楽しいメニューが中心】

いっぽうの東京ディズニーランドでは、“ハロウィーン・ミュージックフェスティバル”をテーマに、ディズニーの仲間たちとおばけがハロウィンのエンターテイメントを盛り上げます! 食べ歩きできるメニューも多く、フェス飯感覚で楽しめそう♪

チキンとパンプキンや紫イモを使ったピザは「キャプテンフックス・ギャレー」で販売中。アイスのようにみえてパンプキン・マッシュポテトでできている「牛カルビコーン」はギャップが楽しい一品です(販売店舗は「ザ・ガゼーボ」 )。


【どっちのメニューが気になる?】

東京ディズニーシーも東京ディズニーランドも、ハロウィン気分が盛り上がりそうなフォトジェニックなメニューばかり! シーかランドか……どっちも楽しそうで選べない!! それなら2日にわけて両方のパークやグルメを満喫するというのもアリですね。

※商品およびメニューは品切れや金額、内容等が変更になる場合があります

参照元:東京ディズニーリゾート
画像:©Disney
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

画像をもっと見る