日本代表の本田圭佑【写真:Getty Images】

写真拡大

 6日に2018年ロシアW杯アジア最終予選が行われ、日本代表はアウェイでサウジアラビア代表と対戦し0-1の敗戦を喫した。試合後、日本代表の本田圭佑が取材に答えている。

 試合を振り返って本田は「難しい試合だったなというふうに思ってます。もう少しビッグチャンスをクリエイトできればよかったんですけど」と語った。続けて「まあ全然ダメですね。何を言っても言い訳になるんで、はい。もうダメやったっていう結果しか残らないんで。いろんなものを代表は取り戻していかないといけないかなというふうに思います」とし「事実としてサウジの方がいいサッカーしてたってことだと思うんで。オーストラリア戦も主力が何人か出てないってところも無視できないと思いますし。やはり結果だけでは判断できない部分があると思うんでね」とコメント。

 ロシアW杯に向けては「何よりもワールドカップに出るということがとにかく結果として残せたという時点で1回、振り出しに戻して、日本代表がどういった形でロシアワールドカップに向かうべきなのか。それを考えないといけないかなというふうに思います」と意気込みを語っている。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部