悔しさを糧に原口元気は、ワールドカップに向けて再起を誓った。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[ロシアW杯アジア最終予選]サウジアラビア1-0日本/9月5日/キング・アブドゥラー・スポーツ・シティー
 
「ワールドカップが決まって、みなさんも期待してくれたと思うので、その期待に応えられなくて悔しいです」

【日本代表PHOTO】日本、敗れる・・サウジアラビアは3大会ぶりにW杯出場権獲得
 
 敵地でのサウジアラビア戦で黒星を喫した日本代表。試合後、原口元気が悔しさを露わにした。
 
 最終予選で4試合連続ゴールを挙げるなど、一時期はハイパフォーマンスを見せていた原口。しかし、徐々に調子を落としていくと、ワールドカップ出場が決まる大一番のオーストラリア戦でスタメン落ち。2試合ぶりに先発復帰し、素早い攻守の切り替えで左サイドを活性化したものの、決定的な仕事はできないまま90分を終えた。
 
「良い時も、今日みたいに悔しい時もあった。でも、これからが勝負。最後にこういう終わり方をして、すごく悔しい。ワールドカップに繋げるためにも、こういう負けをしっかり認めて、反省して次につなげたい」
 
 さらに、ロシア・ワールドカップ本大会に向けて勝負は始まっていると語る原口は、この敗戦からの巻き返しを誓った。
 
「自分たちの目標は高い。そこに辿り着けるよう必ず期待に応えて、ファン・サポーターのみなさんと一緒にもう一回戦って行けたらと思います」