米国の市場調査会社IDCがこのほどまとめた世界ウエアラブル機器市場に関する最新リポートによると、今年(2017年)4〜6月期の出荷台数は、2630万台となり、1年前に比べ10.3%増加した。

 ウエアラブル機器市場で断然出荷台数が多いのは、腕に装着するタイプの製品。そのうち、IDCは、フィットネストラッカーなど単機能の比較的安価なリストバンド機器を「ベーシック型」、米アップルの「Apple Watch」や、米グーグルのOS(基本ソフト)「Android Wear」を搭載する多目的腕時計型機器を「スマートウオッチ」 と呼び、両者を区別して分析している。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

ベーシック型からスマート型へ

 ウエアラブル機器の市場は誕生した当初から、安価なベーシック型によって支えられてきたという経緯がある。しかし、今回の最新リポートによると、この4〜6月期におけるベーシック型の出荷台数は1年前に比べ0.9%減少。初めてマイナス成長を記録した。一方で、スマートウオッチは同60.9%増加した。

 これまでにも、ベーシック型の伸びが鈍化する中、スマートウオッチが急速に伸びているという報告はあったが、こうして両者の明暗がはっきりと分かれたのは初めて。この市場は転換期に入ったという。

 IDCの上級リサーチアナリスト、ジテッシュ・ウブラニ氏は、「何年もの間、初歩的な機能を備えるフィットネストラッカーは、スマートウオッチに至るまでの入門機という位置付けだった。今、ようやく、メーカーや消費者は、入門機を卒業し、スマートウオッチを選ぶ時代になった」と述べている。

 IDCによると、GPS(衛星利用測位システム)や健康状態を追跡記録するといった機能は、少し前はニッチなものだった。だが、1年前にわずか24.5%だった、全ウエアラブル機器に占めるGPS搭載機の比率は、今や41.7%に達した。

 また今は、運動時の体の状態を、より高度な技術で追跡する機能や、人々の健康状態を洞察する機能などに、関心が集まっており、将来は、これらの用途のウエアラブル機器の導入が進みそうだと、IDCは分析している。この分野では、アップルや米フィットビットが研究開発を行っているが、将来、病気の診断などに利用されるウエアラブル機器が登場すれば、製品の差別化につながるという。

メーカー別では低価格路線のシャオミがトップ

 今年4〜6月期の出荷台数をメーカー別に見ると、最も多かったのは中国シャオミ(小米科技)で、その台数は350万台。これにアップルとフィットビットが、それぞれ340万台で次ぎ、そのあと、米ガーミン(140万台)、米フォッシル(100万台)と続いた。

 このうち、シャオミは、他社にはない圧倒的な低価格製品で市場をリードしている。その1年前に比べた出荷台数の伸び率は13.7%と、市場全体のそれを上回った。

 アップルは昨年9月に発売したApple Watchの第2世代モデル「Series 1」「Series 2」が引き続き好調で、台数は1年前から49.7%増加した。 同社は、今秋、Apple Watchの新OSをリリースする予定だが、これに備わる新機能が期待されているとIDCは述べている。

(参考・関連記事)「ウエアラブルバンドの出荷台数でアップルが3位に」

スマートウオッチに期待する、かつての王者

 3位のフィットビットは、数多くのフィットネストラッカーを手がけるメーカー。同社はかつてウエアラブル市場をリードしていたが、最近はベーシック型の販売減速に伴い、不振が続いている。この4〜6月期の出荷台数も、1年前から40.9%減少した。

 ただ、フィットビットは8月下旬に、「Ionic(アイオニック)」と呼ぶスマートウオッチを発表している。この新製品が、成長するスマートウオッチ市場で、同社の地位を確固たるものにしてくれるかもしれないと、IDCは予測している。

筆者:小久保 重信