ありえないと分かっていながらも、みんながアメリカ人のような暮らしをしたらどうなるのかを、しっかりと統計を使って調べてくれたのが「AsapSCIENCE」。

なんとなく結果が想像できちゃうような話だけど、その数値は予想以上のものでした。例えば、コーラの消費量とかね。

セックスは3日に1回
食事は車の中で

まずはじめに、セックスをする回数は著しく増えるでしょう。アメリカ人の平均は年間138回。これはフランスに次いで、世界第2位です。

また、男女がイチャイチャするセクシーな動画は溢れかえるかもしれません。なぜなら、世界規模で見たら73%が同国で制作されているから。

1年間にドライブする距離はなんと約21,687km(地球約半周分の長さです)。もちろん、これは世界一。そのため、自動車事故の件数もナンバーワン。

また、ある調べによると、アメリカ人がとる食事の20%は車内で済まされるそうです。

コーラは1日に1本以上!

お肉は、1日に世界平均の約2倍の223gも消費。

コカコーラは、年間消費量の平均が92本に対して、アメリカ人は403本飲みます。

この類の数字をひっくるめると、カロリー、砂糖、脂質の摂取量は、他の16の裕福な国と比べても1位となります。野菜とフルーツの消費量が最も多いという結果も。

たった1個の地球では
エネルギーが足りない

年間、一人ひとりが729kgのゴミを出すそう。

グローバルヘクタールも平均以上。これは、1人が1年間に暮らすのに必要な自然資源や食べ物、日常用品などを数値化したもの。平均では2.7ですが、アメリカ人は6.8。

もう分かりますよね。みんながアメリカ人のように暮らしたら、地球は壊滅状態におちいります。実際に、彼らのライフスタイルを真似したら地球4.1個分のエネルギーが必要になります。

Licensed material used with permission by AsapSCIENCE