SNSのアカウント名に青色のチェックアイコンが入っていることがありますが、これは「認証バッチ」と呼ばれるアカウントが本人のものであることを証明するマークで、TwitterやInstagram、Facebookなどに導入されています。この認証バッチがブラックマーケット上で販売されている、と海外ニュースメディアのMashableが報じています。

Inside the black market where people pay thousands of dollars for Instagram verification

http://mashable.com/2017/09/01/instagram-verification-paid-black-market-facebook/



熟練の広報担当者から若いデジタルマーケティング担当者まで、誰でもお金を出せばInstagramの認証バッチを購入できるというブラックマーケットが存在します。こういったブラックマーケットで実際に認証バッチを購入した経験のある人や、認証バッチを販売している人を知っているという人など、複数の情報筋からの情報をまとめると、認証バッチの販売価格はワインボトル1本分から1万5000ドル(約160万円)程度になっているとのこと。ある情報筋によれば、「認証バッチの売人は、ひと月に1、2個の認証バッチを販売している」そうです。

Instagramの場合、認証バッチは著名人や有名人、ブランドであることを示すためのもので、認証バッチ付きのアカウントは、一部の特別な機能にアクセスしたり検索ワードで1番上に表示されたりするという特典を持ちます。さらに、7億人もの月間アクティブユーザーを抱えるInstagramというコミュニティ内におけるステータスシンボルや、インフルエンサー・マーケティングにおける信頼性を得ることにもつながります。

通常ならばInstagramの方針に従ってオンライン上で認証バッチを売買することは不可能ですが、インターネット上のブラックマーケットではInstagramの認証バッチが販売されており、これはインフルエンサーコミュニティにとっては公然の秘密だそうです。



なぜInstagramのアカウントが高く売買できるのかと言えば、誰でも認証バッチを取得しようと思えば取得できるFacebookやTwitterといったSNSと異なり、Instagramでは大手ブランドとスポンサーシップを結んでいるインフルエンサーのアカウントが認証バッチを得るのは難しいからだそうです。

実際に認証バッチを販売した経験のあるジェームズさんは、Instagram内で働いていた協力者と共に認証バッチの販売を行い、「検証のために1500ドル(約16万円)から7000ドル(約76万円)の範囲で認証バッチを販売した」と語っています。ジェームズさんの本職はスタートアップを経営することだそうですが、Instagramで働く友人の力を借り、2017年初めから既に5つの認証バッチを販売したそうです。基本的にジェームズさんの仕事は仲介で、1件あたり1200ドル(約13万円)の料金を受け取っているとのこと。ただし、必要に応じて別途料金がかかることもあるそうです。

ジェームズさんによれば、複数のInstagramの従業員が認証バッチやアカウント売買関連で解雇されているそうで、1年前は週5回のペースで行えた認証バッチの取得も、現在では週2回がギリギリとのこと。なお、ジェームズさんは認証バッチの販売について、「(認証バッチは)お金になり、アカウントはあなたが知っている有名人のものになる」と語っています。



By Hamza Butt

もちろんジェームズさんだけがInstagramなどのSNSの認証バッチの販売を行っているわけではありません。自称デジタルマーケッターのAlejandro RiojaさんはSNSの認証バッチ取得の代行を行っており、彼に頼む場合はFacebookが1500ドル(約16万円)、Twitterが2500ドル(約27万円)、Instagramが6000ドル(約66万円)で認証バッチを取得できるとのこと。



Instagramの認証バッチが最も高価な理由は、Instagramがインフルエンサー・マーケティングにおける重要なマーケットであり、年間10億ドル(約1100億円)以上が費やされているからです。そして、Instagram上でインフルエンサーかそうでないかを識別する最も簡単な方法が青色の認証バッチがあるかないかを確かめるという方法であるため、認証バッチの取得の需要が他のSNSよりも高まっているというわけです。

Instagramがどのように認証バッチを与えるのかについて詳細は公表されていませんが、いくつかの情報源によると、元従業員や従業員、大手メディア、エンターテインメント企業はアカウント名の変更リクエストや認証バッチを要求できるポータルサイトにアクセス可能とのことです。このポータルサイトを使用する場合、実名とパスポートなどの身分証明書、FacebookまたはInstagramの連絡先を登録する必要があり、これは与えられた特権、つまりは認証バッチの発行を乱用させないようにするための処置と考えられています。



Riojaさんはこれまで12個のアカウントに認証バッチを販売したそうですが、「私のクライアントが好まないため、ユーザー名を共有することはできません」と語っています。

なお、Twitterで認証バッチを取得する手順は以下の通りです。

Twitterアカウントが本物であることを示す「認証済みバッジ」のリクエストシステムが登場、申請方法まとめ - GIGAZINE