役所広司主演×白石和彌監督『孤狼の血』、中村獅童、ピエール瀧、中村倫也ら追加キャスト発表

写真拡大

 2018年5月12日に公開される役所広司主演映画『孤狼の血』の追加キャストとして、中村獅童、ピエール瀧、音尾琢真、中村倫也の出演が発表された。

参考:『日本で一番悪い奴ら』白石和彌監督が語る、インモラルな映画を撮る理由

 本作は、ミステリー作家・柚月裕子による同名小説を、『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』の白石和彌監督が実写映画化した警察ドラマ。昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島を舞台に、所轄署に配属となった日岡秀一が、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会社社員失踪事件の捜査を担当する模様を描く。

 主演の役所が刑事の大上役を演じるほか、大上の部下・日岡秀一役で松坂桃李、尾谷組の若頭である一之瀬守孝役を江口洋介が演じる。そのほか、真木よう子、石橋蓮司、滝藤賢一、田口トモロヲらがキャストに名を連ねている。

 このたび発表された追加キャストは、白石監督の過去作『日本で一番悪い奴ら』に出演した俳優たち。中村獅童は大上について嗅ぎ回る安芸新聞の記者・高坂隆文役、ピエール瀧は全日本祖國救済同盟の代表で、大上とは旧知の仲である瀧井銀次役、音尾琢真は一之瀬が属する尾谷組と敵対する組織・加古村組の構成員・吉田滋役、中村倫也は一之瀬が若頭を務める尾谷組の構成員・永川恭二役をそれぞれ演じる。

 撮影場所は物語同様、広島県呉市を中心にオール広島ロケを敢行。4月17日にクランクインし、5月20日にクランクアップしている。今回出演が発表された4人からはコメントが寄せられている。

【 コメント一覧】

■中村獅童監督! またやっちゃいましたね!ウン! こうなったらとことんやっちゃいましょう!!!

■ピエール瀧白石組にまた参加できて嬉しいです。この『孤狼の血』は、脚本を読んで胸を打たれ、少しでもお役に立てたらと思えた作品でした。撮影スケジュールがタイトで、1週間で東京〜呉を5往復してお尻が擦り剥けましたが、それもいい思い出です。

■音尾琢真白石監督作品に参加できることは僕の生き甲斐になっているので、この上ない幸せです。しかも『孤狼の血』という野太い作品。男臭い世界の中に、どうにか居場所を見つけて来ましたので楽しみにしていて下さい。私の役割は少々ゲスいですが自分では気に入っております。見所のシーンもあります。ありがたい。呉の街も大好きになりました。呉冷麺が大好物になりました。

■中村倫也永川という人物は、白石監督曰く『狂犬』。こんな小動物みたいな顔した自分に務まるのか不安でしたが、松坂桃李演じる日岡が「真っ当な正義」だとするなら、永川は「アウトローなりの正義」。彼の持つある種の純粋さに五感を澄まし、挑みました。信頼する監督のもと、偉大なる大先輩たちと芝居を交わし、年々減少傾向にある“男臭い作品”に関われたことを、とても幸せに感じています。

(リアルサウンド編集部)