ハリル、サウジ戦黒星に不機嫌モード 苦々しい表情で「決めきれなかった」

写真拡大

ハーフタイムにキャプテン本田を下げて浅野投入など慌ただしいベンチワークに

 黒星で始まり、黒星で終わるアジア最終予選だった。

 ジッダで6万観衆の狂喜乱舞を聞きながら、日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は苦々しい表情を浮かべていた。

「敗戦になってしまいました。敗戦に値した内容かは分からないが、結果は負けてしまった。チャンスはいくつか作ったが、決めきれなかった。もちろん勝ちたい気持ちはありましたけど、そして勝つためのチャンスはいくつか訪れたが、今日の試合ではそこで決められなかった。勝利したサウジアラビアを称えたい」

 指揮官は0-1敗戦後にこう語った。故障のドルトムントMF香川真司、フランクフルトMF長谷部誠がすでに離脱していたチームで、負傷明けのケルンFW大迫勇也もスタンド観戦となった。

 レスター・シティFW岡崎慎司、パチューカFW本田圭佑をスタメンに戻し、ヘタフェMF柴崎岳を最終予選初先発に抜擢した。だが、ハーフタイムで見せ場のなかったキャプテン本田をあっさりと下げ、シュツットガルトFW浅野琢磨を投入するなど、慌ただしいベンチワークとなった。

主力斬りにためらいなし、新戦力もテスト

 それでも、ホームの歓声に後押しされながら攻勢を仕掛けるサウジアラビア攻撃陣を食い止めることができなかった。しかし、主力斬りにためらいを見せない指揮官は本田のみならず、岡崎に代えてセレッソ大阪FW杉本健勇を投入するなど、新戦力のテストなど布石も残した。

「しっかり分析して今後のことを考えていきたい。メルシー」

 不機嫌モードだった指揮官は世代交代を推し進めていくのか。見せ場なしに終わった本田にセカンドチャンスを与えるのか。ロシア大会に向けた人選にも大きな注目が集まる。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images