完全アウェイの最終戦は黒星…ハリル「敗戦に値したかはわからない」

写真拡大

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・アジア最終予選が5日に行われ、日本代表はサウジアラビア代表に1−0で敗れた。

 試合後、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、「勝つためのチャンスはあったが、今日は決め切ることができなかった」と振り返ると、「敗戦に値したかはわからない」とコメント。

 そして本大会に向けて、「しっかり分析していきたい」と先を見据えた。