ヴァイッド・ハリルホジッチ監督【写真:Getty Images】

写真拡大

 6日に2018年ロシアW杯アジア最終予選が行われ、日本代表はアウェイでサウジアラビア代表と対戦し0-1の敗戦を喫した。試合後、日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督がインタビューに答えている。

 試合を振り返ってハリルホジッチ監督は「敗戦に値した内容かわかりませんけど、結果負けてしまいました。チャンスはいくつかつくりましたけど、決め切ることが出来ませんでした。もちろん、勝ちたいという気持ちはありましたし、勝つためのチャンスはいくつか訪れたんですけど、今日の試合ではそこで決めることが出来ませんでした。勝利したサウジアラビアを讃えたいと思います」と答えた。

 ロシアW杯に向けては「しっかり分析して今後のことを考えて行きたいと思います」とコメントしている。

text by 編集部