柴崎岳【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 0-1 サウジアラビア 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は現地時間5日、ロシアW杯アジア最終予選でサウジアラビア代表と対戦し0-1で敗れた。

 柴崎岳は先発出場し、後半途中までピッチに立った。パスで味方を動かしながら攻撃を操ったが、ゴールに結びつけることはできなかった。試合後、「アウェイの中でどうにか勝ちたかった。こういった環境の中でも相手以上にタフにならないといけない。本当に勝利を得たかった」と敗戦を悔やんだ。

 ロシアW杯まで9ヶ月となった。本大会までの期間で「競争もある」と話す柴崎は、残り9ヶ月でどれだけ成長できるか。W杯で結果を残せるように大切に過ごしたい」と意気込みを述べた。

text by 編集部