かつてのエースが苦境 先発のキャプテン本田、前半で最終予選最短スピード交代 

写真拡大

最終予選敵地サウジ戦、キャプテンの本田が前半後に交代 足を引きずる素振りも

 日本代表FW本田圭佑(パチューカ)が5日のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の敵地サウジアラビア戦で先発したが、不発のままハーフタイムで交代。

 キャプテンマークを託され、右ウイングで2試合ぶりの先発を飾ったが、前半の45分間で見せ場なし。足を引きずる素振りも見せながら、最終予選最短のスピード交代となった。

 高温多湿の熱帯夜のジッタで、ハーフタイムを終えたハリルジャパンに異変が起きた。キャプテンマークを付けていたはずの本田がオレンジ色のビブス姿でベンチに現れた。代わりに8月31日のオーストラリア戦で先制点を決めた浅野が右ウイングに投入され、キャプテンマークはサウサンプトンDF吉田麻也の腕に渡った。

 日本代表を長らく牽引してきた男は定位置奪回のチャンスで冴えないパフォーマンスに終始。ハリル戦術の真骨頂とも呼べるカウンターのチャンスではなかなかスピードアップできず、存在感は希薄なまま。本田がボールを持っている間に相手の陣形は整ってしまうなど、攻撃でブレーキになっていた。足を引きずる素振りを見せた男は、結局、浅野と交代となった。

後半は厳しい表情で戦況を見つめ続ける

 本田はACミランで2シーズン連続リーグ戦1ゴールという結果で、契約延長オファーを手にできなかった。欧州でのキャリアにひとまず別れを告げ、新天地にメキシコを選んだが、右ふくらはぎの肉離れで出遅れる不運もあった。

 オーストラリア戦では本田とドルトムントMF香川真司をベンチに置いたまま、ハリルジャパンはロシアW杯出場を決めてしまった。海外メディアも「世代交代」を指摘するなか、本田は千載一遇のチャンスで不発。主力斬りにためらいを見せないハリル監督に実力を証明することができなかった。

 最短交代の理由は怪我なのか、低調なパフォーマンスなのか。顔面に多汗を浮かべながら、後半は厳しい表情でベンチから戦況を見つめ続けた本田。ロシアW杯のメンバー入りに向けて、失地回復のチャンスを逃したかつてのエースが苦境に立たされた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images