サウジ戦に先発出場した柴崎。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 9月5日、アウェーのサウジアラビア戦。0-0で迎えた53分過ぎ、あわやの出来事が起きた。柴崎が右サイドからコーナーキックを蹴る際、スタンドから投げ込まれたペットボトルがその付近に落ちたのだ。

【日本代表PHOTO】日本、敗れる・・サウジアラビアは3大会ぶりにW杯出場権獲得

 幸いにも柴崎に直撃しなかったものの、そのペットボトルには液体が入っており十分な凶器になりえた。仮に頭にでも当たっていたら……。いずれにしても、これぞアウェーの洗礼というシーンだった。

 その後、サウジアラビアがゴールを決めた後もピッチの一角にペットボトルが大量に投げ込まれていた。日本は予想以上のアウェー感を味わっているのかもしれない。