「櫻井ショーROOM」

 嵐の櫻井翔(35)、相葉雅紀(34)、二宮和也(34)が9日から放送される、家電製品の新CMに出演する。2010年から家電メーカーのCMキャラクターとして出演している嵐のメンバー。今年は、櫻井が様々な製品を紹介するショールーム「櫻井ショーROOM」の支配人として出演。客役として出演した相葉とラップバトルを繰り広げたり、きゅうりを2人で11本完食したり台本にないアドリブで仲の良さを見せた。また、テンション高めの演技を見せる櫻井、彼を冷静に見つめる客役の二宮とのギャップも見どころ。

 大手家電メーカーの日立は、2010年から嵐のメンバーを起用し、テレビCMを放映。2017年のCMは、櫻井が様々な製品を紹介するショールーム「櫻井ショーROOM」の支配人という設定で、各回、嵐メンバーを客として招き、最新家電の機能を紹介していく。

 9日から全国で放送開始の冷蔵庫「さすが!櫻井ショーROOM」篇、「ラップしません」篇および「野菜室の比較動画」篇のCMには、櫻井と相葉が出演。同じく9日から放送を開始するドラム式洗濯乾燥機「風でアイロンがけ」篇のCMには、櫻井と二宮が出演する。

 冷蔵庫の新CMでは相葉が、ドラム式洗濯乾燥機の新CMでは二宮が、それぞれ櫻井さんからプレゼンテーションを受けて各製品への理解を深める、という内容になっている。

大容量冷蔵庫 「真空チルド」(R-XG6700H) 

 「櫻井ショーROOM」の支配人役として新CMシリーズに登場する櫻井には、商品の説明をするために、様々なセリフが用意された。

 冷蔵庫の新CMでは、「真空」「新鮮」「鮮度」「酸化」と、発音や意味が似たワードをシーンに応じて使い分ける事が求められた櫻井。セリフに詰まったり、言い間違えることが続くと「ウソ! ・・・違う!」、「ごめんごめん! 酸化を抑えてだった」と、スタッフのカットがかからずとも自ら訂正。相葉も心配そうな表情で見守っていたが、櫻井は自らを鼓舞するように「分かってきたぞー!」と声を上げ、次のテイクに臨んでいた。

 その後、同じシーンでセリフを言い間違える事がなくなった櫻井。難解なセリフをすぐに自分のものにするプロとしての意地や責任感は、まさに責任者である“支配人”そのもの。

 今回の冷蔵庫には、チルドを真空状態にして密閉することで、ラップを使わなくても食品を保存でき、その鮮度を守る「真空チルドルーム」が備わっている。櫻井が「真空チルドルーム」に食品を入れる際に、“ラップ(包装)”と、“ラップ(韻律)”を掛けて「ラップしないYO!」とコメントをするシーンも。

 このセリフに、相葉がアドリブで「してますYO!」とラップ調で応じると、櫻井さんがさらに「してませんYO!」とアドリブで返す。この様子を見たスタッフが笑いを堪えきれなくなり、ここで撮影はカット。突如始まった“ラップバトル”の結果は、両者引き分けとなった。

 また、冷蔵庫には野菜を眠らせるように保存して、みずみずしさや栄養素を長持ちさせる「新鮮スリープ野菜室」も備わっている。「野菜室の比較実験」篇では、この性能を紹介。

 相葉が、「新鮮スリープ野菜室」に7日間保存されたキュウリを食べながら、「これも7日目?」とコメントするシーンでは、櫻井、相葉が、2人合わせて11本のキュウリを実食。

ドラム式洗濯乾燥機とヒートリサイクル 風アイロン ビッグドラム(BD-NX120B)

 ドラム式洗濯乾燥機の新CMで注目ポイントは、最後に櫻井が見せる「風アイロ―――ン」ポーズ。

 櫻井が「風アイロ―――ン! って感じです」とコメントしながら、自身の右腕を勢いよく左斜め上に突き出すこのコミカルなポーズ。一見、セリフはシンプルに見えるが、ポーズを取りながらセリフを発することがとても難しかったよう。

 撮影中、櫻井は「風ビヨ―――ン! …なんだっけ?(笑) 」「アイロ―――ン…じゃなかった! 風アイロ――ンだ!」といった具合に、正しいセリフが出てこないことが何度かあり、その様子にクールな二宮も思わず「うーん(笑)」と笑顔で見守っていた。

 5回におよぶテイクで、「風アイロ―――ン」ポーズを完全にマスターした櫻井。本CMで、渾身のポージングを見ることが出来る。