猛暑のサウジ戦、日本は決定打を欠き0-0のまま後半へ ドロー決着なら豪州の2位確定

写真拡大

柴崎が最終予選初出場、本田がキャプテンで先発 激しいプレーを随所に見せる熱戦に

 すでにロシア・ワールドカップ(W杯)出場を決めている日本代表のアジア最終予選最終戦、敵地サウジアラビア戦は0-0のまま前半を終えた。

 この試合を前に負傷明けでコンディションが懸念されたMF香川真司(ドルトムント)と主将のMF長谷部誠(フランクフルト)が離脱して所属チームに戻り、FW大迫勇也(ケルン)も現地でメンバー外。FW本田圭佑(パチューカ)がキャプテンマークを巻き、MF柴崎岳(ヘタフェ)が最終予選での初出場となるスタメンのピッチに立った。

 日本は前半から消化試合の緩さを感じさせない立ち上がりを見せ、FW原口元気のタイトな守備からの速攻などでリズムをつかんだ。一方で、W杯への自動出場権を得る2位以内には勝利しかないサウジアラビアも激しいプレーを随所に見せる熱戦になった。

 日本は守備ブロックを作って構えながらも、攻撃時には中盤の選手も前線へ進出。MF井手口陽介(ガンバ大阪)などがミドルシュートを放ったが、ゴールを奪うことはできず。猛暑の環境下で前半30分を前にクーリングブレークも取られた一戦は、スコアレスのまま前半を終えた。

 この試合の前にオーストラリアがタイに2-1で勝利しており、日本の引き分け以上で終わるとオーストラリアが2位、サウジアラビアが勝利するとサウジアラビアが2位に入り、本大会への出場権を得る。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images