ウズベキスタン代表対韓国代表【写真:Getty Images】

写真拡大

 ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選・グループA最終節の試合が現地時間5日に各地で行われた。

 グループ2位で最終節を迎えた韓国は、アウェイで4位ウズベキスタンとの対戦。勝てば本大会出場が決定、引き分けでも他会場の結果次第で出場が決定するが、敗れた場合にはプレーオフにも残れずに敗退となる可能性もあるという緊迫した状況だった。

 ウズベキスタンは21分にハイダロフの強烈なミドルが左ポストを叩く。韓国も前半終了間際にソン・フンミンがエリア内に抜け出してゴールを狙ったが、GKがわずかに触ったボールはポストに弾かれた。両チームともに決定的なチャンスを生み出しながらもゴールを奪えず前半を折り返す。

 後半もゴールのないまま時間が経過し、韓国は38歳のベテランFWイ・ドングクも投入。終盤にはそのイ・ドングクが決定的な形でゴールを脅かす場面もあったが、結局ゴールを割ることはできず0-0でタイムアップを迎えた。

 他会場では、すでにグループ首位での予選突破を決めていたイランがホームで3位シリアと対戦した。これまで最終予選の9試合で無失点だったイランからシリアが先制点を奪ったが、イランが2-1と逆転。だがシリアは後半アディショナルタイムに2-2の同点ゴールを奪ってドローに持ち込んだ。3位浮上の可能性を残していた中国はアウェイでカタールと対戦し、逆転で2-1の勝利を収めた。

 この結果、韓国は2位を守って9大会連続となるW杯本大会出場が決定。シリアがウズベキスタンを抑えて3位を確保し、グループBの3位チームとのプレーオフに回ることになった。ウズベキスタンと中国は予選敗退が決定した。

1位. イラン(22pt/+8)
2位. 韓国(15pt/+1)
3位. シリア(13pt/+1)
4位. ウズベキスタン(13pt/-1)
5位. 中国(12pt/-2)
6位. カタール(7pt/-7)

text by 編集部