満を持してのファーストライブを行った林原めぐみ

写真拡大

声優・林原めぐみが6月11日に開催したライブをWOWOWが放送する。林原といえば30年を超えるキャリアを持ったベテラン声優。今では珍しくなくなったが、声優がレコード会社と専属契約を結んで本格的な歌手活動を行うという、“声優アーティスト”シーンの先駆け的存在といえる。そんな彼女が、本格的なライブを開催するのはこれが初というのだから意外だ。

椎名林檎プロデュースの楽曲「今際の死神」「薄ら氷心中」をあでやかに歌い上げる林原めぐみ

今回のワンマンライブの会場になったのは東京・中野サンプラザ。客席数はわずか2000あまりで、チケットは争奪戦となった。ステージを照らす薄明りの中登場した林原は、「夢を抱きしめて」をオープニングナンバーとし、テレビアニメ「魔法のプリンセス ミンキーモモ 夢を抱きしめて」の楽曲を披露していく。その後、「Successful Mission」をはじめとするアニメ「セイバーマリオネット」の楽曲を歌唱。アニメ「万能文化猫娘」「シャーマンキング」と彼女が演じる声のドラマが口火を切り、「私にハッピーバースデイ」「Over Soul」などそれらの作品の歌が会場に響き渡る。

ブロックごとに衣装替えを行なった林原だが、椎名林檎プロデュースによる「今際の死神」「薄ら氷心中」(『昭和元禄落語心中』)では、ブルーのドレスに白いファーショールを身にまとい、あでやかなムードを演出した。

そしてステージ終盤、亡くなってからはや13年となるシンガーソングライター岡崎律子へのメッセージとともに、2人の思い出がスクリーンに投影される。林原は、岡崎の代表曲をカバーした「For フルーツバスケット for Youth」をかみしめるように歌い上げた。

「Lucky & Happy」「はじまりはここから」そして「青空」。トリビュートアルバム『with you』収録の4曲を丁寧に歌い上げて、本編の幕は下りた。

人気アニメ作品のキャラクターと数々の楽曲で織りなされた一夜限りの貴重なステージ。WOWOWは、公式ホームページでプロモーション映像を公開している。