中国江蘇省塩城市の港で8月31日、砂糖を密輸するため中国船籍の船に偽装したパナマ船籍の貨物船が摘発された。

写真拡大

2017年9月5日、中国紙・現代快報などによると、江蘇省塩城市の港で8月31日、砂糖を密輸するため中国船籍の船に偽装したパナマ船籍の貨物船が摘発された。船首の船名の「大慶」の文字がひっくり返った状態で印字されていたほか、船長は税関によって署名された文書を提出できなかったため、密輸事件であることが確認された。

警察は9人の身柄を拘束し、船内からタイ産の砂糖約2万5000袋、計1300トンを押収した。1000万元(約1億6700万円)近い額になるという。

乗組員の多くがインドネシア人で「このような方法で荷下ろしすれば好都合だと考えたが、塗装時に誤ってしまったようだ」などと話しているという。(翻訳・編集/柳川)