画像:なんばウォーク【公式】(@OsakaNambaWalk)さん | Twitter

昨年、80組の募集枠に対して約4,000組の応募が殺到した人気企画「闇商店街」が今年も開催されます。開催場所は大阪ミナミ地下街「なんばウォーク」。大阪の人や観光客で賑わう商店街の閉館後が舞台です。

大阪出身の筆者がまず思ったのは「その場所はアカン」ってことなんです。と、いうのも舞台である「なんばウォーク」が位置する周辺はかつて処刑場であったという都市伝説がとても有名で、心霊スポットとか、そういう類の話を良く聞いていたから・・・。

そんな、ガチっぽい場所で行われる体験型ホラーゲーム『闇商店街・怨 呪夜に潜む、地下の怨念』。今年も応募殺到が予想されます。

『闇商店街・怨 呪夜に潜む、地下の怨念』

日時:2017年10月21日(土) 25:30〜28:30頃
時間:23:30(27組54名)、24:30(28組56名)
会場:なんばウォーク(大阪府大阪市中央区千日前2-1-15)

応募期間:2017年9月5日(火)〜9月30日(土)
当選者人数:ペア55組110名
対象:18歳以上限定(高校生不可)で、ペア(2名1組)で参加できる人

【応募方法】
なんばウォークを利用した3,000円(税込)以上のレシートを貼付し、必要事項を記入した上で、施設内に設置の応募箱に投函。応募期間中は何度でも応募することが可能です。

闇商店街・怨 | 新着情報 | なんばウォーク | おおさかの地下街

あの都市伝説や関連の諸々を知っている身からすると、ガチで怖いイベントです。もし、参加する方は開催日までに「なんば 処刑場」など検索してみてください。きっと怖さが増しますよ。