画像提供:マイナビニュース

写真拡大

静岡県御殿場市と小田急電鉄・JR東海の3者はこのほど、10月9日開催の「ごてんば線まつり」と富士山が楽しめる臨時特急「富士山トレインごてんば」号を小田急線新宿駅からJR御殿場駅まで運転すると発表した。

「第13回ごてんば線まつり」は10月9日9〜16時にJR御殿場駅連絡通路と駅前広場、駅周辺地域で開催される。静岡県警察音楽隊や地元園児、マスコットキャラクターなどによるオープニングパレードに始まり、富士スピードウェイレーシングカーや白バイの展示、鉄道模型展示やミニSL乗車、SL汽笛鳴らし体験などの企画が行われる。

臨時特急「富士山トレインごてんば号」はイベント当日の8時40分に小田急線新宿駅を発車。途中、新百合ヶ丘駅、相模大野駅、本厚木駅、秦野駅、松田駅に停車し、10時26分にJR御殿場駅に到着する。小田急電鉄のロマンスカー・MSE(60000形)6両編成が使用され、座席は全車指定席となる。

小田急線新宿駅からJR御殿場駅まで乗車する場合、運賃と特急料金の合計は2,810円。指定席特急券は乗車日1カ月前の10時からJR東海のおもな駅のきっぷうりば、小田急線各駅と小田急トラベル各営業所、おもな旅行会社にて発売する。JR東海では小田急線内相互発着となるきっぷは発売しない。「PASMO」など交通系ICカードは小田急線内発着のみ使用可能。JR御殿場線内(松田〜御殿場間)は、JR東海の「休日乗り放題きっぷ」「JR東海&16私鉄乗り鉄☆たびきっぷ」を乗車券として使用できる。

走行中の車内では、御殿場市長の車内アナウンスによる観光案内、小田急電鉄とJR東海の乗務員によるフォトセッション(子供用制服・制帽の貸出)、記念乗車証の配布といったイベントを実施。御殿場駅では列車到着時にウェルカムドリンク(お茶)の提供やご当地キャラクターによる出迎えを行う。