ファンが約400人集まった

写真拡大

パリ・サンジェルマン(PSG)のネイマールを筆頭とするブラジル代表チームはロシア・ワールドカップ南米予選のコロンビア戦が行われるバランキージャに到着している。
5度のワールドカップ制覇を成し遂げているブラジル代表チームは真夜中の12:00前にエルネスト・コルティソス国際空港にブラジルのマヌアスから到着し、すぐに滞在先のホテルに移っている。

その際、多くのファンが空港で待ち受けていたのに加え、郊外にあるホテルにも代表選手を一目見ようと約400人のファンが詰めかけている。そのため、セキュリティーは厳重にされたが、複数のファンが捕らえられている。

チッチことアデノール・レオナルド・バッチ率いるブラジル代表はエクアドル戦に勝利し、4日月曜日には軽い練習を午前に行い、午後には試合の行われるエスタディオ・メトロポリターノ・ロベルト・メレンデスで調整を行うことになる。

現在、勝点36でワールドカップ南米予選の首位を走るブラジルはすでに本戦通過を決めている一方で、対戦相手のコロンビアは勝点25で2位となっている。