モテる女性が使っている「男性の心をガッチリ掴むホメ方」・4つ

写真拡大



こんにちは、コラムニストの愛子です。


モテるため、好きな人を振り向かせるため…、男性の心を掴むために褒め上手になりたいという女性は多いでしょう。


他の女性とはひと味違った褒め方で、彼の心を鷲掴みにできれば最高ですよね。


そこで今回は、「この褒め方は効く!」という、とっておきの褒め方を、彼氏が絶えないモテる女性たちに聞いてきました!

■1.男性が1番プライドを持っているところを褒める

「その男性がどこに1番プライドを持っているかを見極めることが大切。そこを褒められて嫌な気持ちになる男性はいないと思うよ」(29歳/メーカー)

男性が1番プライドを持っている部分というのは、その男性が「大事にしている価値観」とも通ずるもの。例えば「仕事ができる」というところにプライドを持っている男性なら、「仕事」を大切にしている人が多いでしょう。


そこの良さに気付き褒めるということは、「あなたと同じ価値観ですよ」というアピールにもなります。男性のプライドをくすぐり、さらに価値観が合うことも伝えられるので、とても効果的な褒め方です。

■2.他の人とは違うところを褒める

「他の人と同じところを褒めても目立てない。だから1番最初に目につく長所はあえて褒めないようにしているよ。話してから気付いたいいところを褒めるようにすると、すごく喜んでもらえる」(26歳/接客)

たしかに、自他ともに認めるイケメンに「かっこいいですね」と言ったって、印象に残らないでしょう。「他の女性とはひと味違うな」と思ってもらうには、今までその男性が褒められたことのないような部分に目を向けることが大切です。


また反対に、見た目はパッとしないけれど素敵だなと感じる男性にアピールしたいなら、あえて外見の良いところを探して褒めるのもアリ。「オシャレですね」「唇がセクシー」など、あまり他の女性が注目しなさそうな長所を褒めてみましょう。

■3.「オーバー褒め」と「ボソっと褒め」を使い分ける

「『凄い、かっこいい』ってオーバーに褒めるのも効果的。でもいつもそれじゃわざとらしいから、たまには独り言みたいに『やっぱ素敵だな〜』ってボソっと言うのもいいと思う。使い分けるのがおすすめ」(28歳/受付)

オーバーにわかりやすく褒めてくれる女性を、可愛いと感じる男性は多いでしょう。でもだからこそ、そういう褒め方をする女性もたくさんいるはず。


他の女性と差をつけたいなら「独り言のようなボソっと褒め」も取り入れると効果的なようです。これだと「本気っぽさ」が伝わって、より男性のプライドをくすぐるみたい。


ただし本当に独り言で終わってしまっては意味がないので、ちゃんと聞こえるように言ってくださいね。同じパターンの褒め方ばかりにならないよう、この2つを使い分けるといいようですよ。

■4.いつもは褒めて、時々けなす

「褒められ慣れている男性には、褒めてばかりじゃ振り向いてもらえないよ。対等に見てもらうために、時々けなすといいと思う。でもベースには尊敬する気持ちがあるってとこがポイントだよ」(27歳/秘書)

自信満々の男性を褒めてばかりいると、「売れっ子俳優とファン」のような関係になってしまう恐れもあります。その他大勢のうちのひとりにならないためにも、ちょっと毒を吐くのは有効なよう。


その男性が1番プライドを持っている部分(例えばバンドマンなら音楽の才能)は常に褒め、彼があまりこだわりが無さそうな部分を時々けなしてみるといいようです。それによって褒めたときの信憑性が増し、「俺のことをよくわかってくれている」と、思ってもらえますよ。

■おわりに

片想い中の男性にだけでなく、彼氏にも喜んでもらえると思います。他の女性と差をつけたいという方は、ぜひ試してみてください! (愛子/ライター)


(ハウコレ編集部)
(ササキミウ@M_Y_3733/モデル)
(Yoshifumi Shimizu/カメラマン)