国会外交統一委員会で答弁する趙長官=5日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の核実験場がある北東部の咸鏡北道・吉州郡で被爆した疑いが持たれる症状を訴える人が出ているという指摘について、韓国統一部の趙明均(チョ・ミョンギュン)長官は国会外交統一委員会で5日、具体的に説明できる情報は持っていないものの、「被爆している可能性は十分にある」と述べた。

 また、あらゆる分野で対北朝鮮制裁と圧力を強化しなければならないという主張について「趣旨には同意するが、このような状況であるだけに冷静かつ長期的に見なければならない」とし、「核問題の解決に必要なことは北の内部で変化を生じさせることであり、そのうちの一つは北の核・ミサイル開発が北の住民にとって役立たないと認識させること」と説明した。

 外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官は同じ席で、韓国政府レベルでの対北朝鮮独自制裁について、「検討されているが、まだ発表する段階でない」と答弁した。