日本で昔から愛されてきた和菓子。繊細で美しいデザインには、思わず目を奪われてしまう。

 現在Twitter上では、あるようかんに施された仕掛けが注目されている。

 投稿者が福島県会津若松市の和菓子店で購入したのは、鳥と月が透けて見える風流なようかん。なんと切り口を変えると、見た目も変化するというのだ。

 1枚目の写真では、羽を休ませる鳥と三日月に見えるのだが、2枚目では鳥が羽ばたき、月も満月に変わっている! いったいどんな仕掛けなのだろう…?

 Twitterユーザーからは「食べるのがもったいないくらいかわいい」「さっぱりしていていい」という声が寄せられた。なかには、実際に購入したユーザーも。

 ちなみに、こちらは「本家長門屋」で販売される「Fly Me to The Moon 羊羹ファンタジア」(3,500円)。同店の人気ナンバー1の商品だという。このようかんなら、切り分ける際どんな絵柄になるのかも、楽しみになりそうだ。

 その他、大きな画像や関連リンクはこちら