矢野経済研究所は、2017年第2四半期(4〜6月)の住宅リフォーム市場規模について、1兆5932億円(前年同期比10.9%増)という推計数値を発表した。2016年後半より3四半期連続で前年同期比プラスとなり、全体的に低迷していた住宅リフォーム市場に回復の兆しがみえてきたとしている。

 また2017年上半期(1〜6月)の住宅リフォーム市場規模は、2兆8770億円(同6.9%増)となった。2017年通期では、6.2〜6.4兆円を見込んでいる。
 なお2019年10月に消費税増税が実施される予定であるが、今後工期のかかる大規模リフォームを中心に実需が消費税増税に先行するかたちで顕在化すると予測、住宅リフォーム需要は消費税増税の時期まで緩やかに伸びていくとしている。