アトレティコ・マドリーがシメオネ監督との契約を2年間延長! 新契約は2020年まで!!

写真拡大

▽アトレティコ・マドリーは5日、ディエゴ・シメオネ監督との契約を2年間延長したことを発表した。新契約の期限は2020年6月30日までとなっている。

▽シメオネ監督は、2011年12月にアトレティコの監督に就任。すると、初年度の2011-2012シーズンにヨーロッパリーグで優勝を果たした。さらに、翌シーズンにはスーペル・コパとスーパーカップの2冠を達成。そして、2013-2014シーズンにはリーガエスパニョーラ、2014-2015シーズンには再びスーペル・コパのタイトルを獲得した。

▽チャンピオンズリーグ(CL)では優勝こそ果たせていないものの、シメオネ監督就任以降の6シーズンで、準優勝2回、ベスト4、ベスト8がそれぞれ1回ずつという成績を記録。チームを欧州トップレベルの強豪に引き上げた。

▽また、同指揮官は昨年9月、当時2020年までアトレティコとの契約を残していたが2018年まで契約を短縮していた。シメオネ監督は契約短縮時に「2018年に契約を延長する可能性はある」とコメントしており、有言実行となった。