気になる人とデートできたのはいいんだけど――。デートをきっかけに、相手からの連絡がだんだんと少なくなってきた。そんな経験に心当たりはないでしょうか。

これって、やっぱり自分への興味が薄れてしまったから? それとも、単に相手が忙しいだけ……? 恋愛経験が少ないと、相手の真意が見抜きにくいもの。

女性によっては、変わらずアプローチを続けている人もいるでしょう。今回は、そんな気になる人からの連絡が少なくなってきた時に考えたいことをまとめてみました。

彼の興味が薄れてしまった可能性

まず考えられるのは、みなさんも薄々は感じているであろう、相手の好意が薄れてしまった可能性です。その時は気になっていたけど、いざデートをしてみたら、残念ながら興味がなくなってしまったのかもしれません。

「盛り上がった」と思った、1回目のデートなのに……。出会いを求めていれば、2回目のデートに進まないなんてことは、それほど珍しいことではありません。
相手のことを好きになってしまった場合は、ショックでツライですが――。

恋はお互いの「好き」が一致しないと、関係が進みませんよね。相手が完全に脈ナシなら、気持ちを切り替えて、次の出会いを求める勇気も大切です。好きでもない相手と付き合っても、いい恋はできないですからね。

連絡の取り方に注意する

気になる人と連絡が取れなくなってしまったのは、単純に相手への好意が薄れた、だけではないかもしれません。ほかにも、たとえばかまってちゃんが過ぎてしまい、だんだんとあなたと連絡を取るのが面倒くさくなってしまったとか。

相手のことが気になるきっかけって、こうしたポイントも積み重なっているように思います。特にアラサーになると、見た目以上に、女性の内面を気にする男性も多いもの。

上手に甘えてくれて、でもしっかりとしていて、周りへの配慮も行き届いている。 そんな自立した女性が、恋愛対象の条件になっている男性は多い気がします。

ですので、あまり自分勝手な行動を取りすぎないように、注意しましょう。相手が仕事中なら、それを察して用件を伝えるとか。異性としてではなく、大人としての対応が行き届いていることも大事です。

友達として交流を図る

もしデートをきっかけに、相手の好意が薄れてしまったとして、その後のアプローチで再び、相手を振り向かせられたらいいですよね。相手によっては「異性としてはちょっと……」でも、「友達としてならOK」という男性もいるはず。

相手の自分に対する興味を感じながら、それとなく友達として関係を持っていくこともアリだと思います。そして、相手との関係を途絶えさせないように、暇があれば彼と飲みに行ったり、ご飯を食べたりしてみては。

片思い状態でツライかもしれませんが、タイミングが合えば恋をするチャンスも訪れるかもしれません。彼との関係を断ち切るのがイヤな場合は、こんな手で彼を繋ぎ止める方法もあるでしょう。

大抵は、残念ながら脈ナシのケースがほとんどかもしれません。でも、こうした失敗や反省を生かしながら、次の出会いに生かすのも大事なことです。

彼との関係に悩んでしまったら、こうしたポイントも頭の片隅に入れて、恋に役立ててみてください。(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)