学生の窓口編集部

写真拡大

大学生活では勉強やバイト、サークルなどの大変さもある一方、友人や彼氏・彼女と楽しく過ごせる時間もあるでしょう。忙しくてもよい経験ができたり、よい仲間と出会えたりしたことで充実感を味わった人も多いのではないでしょうか。そこで実際に大学生活を振り返ったとき、「あの時は充実していたなぁ、一番リア充だったな」と感じた瞬間・出来事について、この春大学を卒業した大学生のみなさんに聞いてみました。

■大学生活の中で一番リア充だったと感じた瞬間・出来事を教えてください。

周囲から嫌われる?! 見た目は真面目なのに中身は……「真面目系クズ」診断

●勉強や部活を頑張った

・研究で13日連続で通学したときは、ある意味充実していると思った(男性/23歳/大学4年生)
・毎日のようにゼミで集まって議論しているときは、忙しいけど充実していた(女性/22歳/大学4年生)
・部活の大会で負けて涙が出たこと。悔しい思い出だけど、それだけ打ち込めた証だと思った(男性/22歳/大学4年生)
・関東インカレに向けて練習に打ち込んでいた時期(男性/24歳/大学4年生)

●遊びや旅行を楽しめた

・就活が終了してから、大学生活最後の友達との思い出を作るためたくさん遊びの予定を入れたこと(女性/22歳/大学4年生)
・友達と「ディズニー行きたいね」「来週暇だよ? 行っちゃう?」「行っちゃおう!!」という会話で年に数回ディズニーに行けた(女性/20歳/短大・専門学校生)
・一年のときに友人と夏に車で北海道旅行をした。充実していると思った(男性/23歳/大学4年生)
・卒業旅行で自転車での台湾一周をしたとき。学生ならではの長期休暇をフルに利用して、20日間も気まま間に台湾滞在ができたから(男性/24歳/大学4年生)

●なにかと忙しくて充実していた

・1年生後期から卒業まで、ほぼ毎日授業やアルバイト、友人との遊びの予定でスケジュールが埋まっていて、予定が何もない日が月に1、2日くらいしかなかった(女性/22歳/大学4年生)
・実験の予定と、遊びの予定で手帳がいっぱいだったとき。大変だったがすごく充実していて時間の使い方もうまくなったと感じたから(女性/24歳/大学院生)
・2年の夏休みに、バイトを2つ掛け持ちしながら、忙しい合間を縫って、バイト後に友人と下鴨神社の古本市を見にいったこと。バイトで疲れているけれど友人との遊びもちゃんとすることに充実感を感じた(女性/23歳/大学4年生)
・4年の夏休み、休みが1日もなく、バイト・サークル・遊びの予定で埋まっていた(女性/22歳/大学4年生)

●彼氏や彼女がいた

・三年の春。ほぼ毎日大学で彼氏と会っていた(女性/22歳/大学4年生)
・平日に彼女とデート(男性/24歳/大学院生)
・大学に入学して一ヶ月少しして初めての彼氏ができ、その彼氏ともうすぐで4年になること(女性/22歳/大学4年生)
・付き合って3〜4ヶ月の彼氏と、温泉旅行に行ったこと。学年的にも、彼氏との人間関係的にも、一番楽しく過ごすことができた(女性/22歳/大学4年生)

●その他

・留学中はいろんな外国人の友達もできたし、クラブに行ってお酒を飲んで楽しんだりした(女性/22歳/大学4年生)
・サークル活動で表彰を受けたこと(男性/22歳/大学4年生)
・就活中。今までの自分を正し、見つめる期間になり、充実していたから(女性/22歳/大学4年生)
・好きな芸能人がイベントをするというので、遠くまで夜行バスで行ったこと。夜行バスも初めてだったので、とてもわくわくしたから(女性/22歳/大学4年生)

勉強や部活などなにかを頑張っていたり打ち込んでいたりしたことで充実感を味わった人がいた一方、遊びや旅行などで楽しんだことが充実していたと感じる人も多いようでした。

いかがでしたか? ほかにも彼氏・彼女がいてプライベートライフが満たされていると全体的にも充実していると感じられそうですよね。勉強にバイトにとなにかと予定が入っていても遊べる時間もそれなりにあるのは、大学生活ならではのことでしょう。その忙しさが充実していると感じる要因のひとつなのかもしれませんね。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査期間:2017年3月
調査人数:この春大学を卒業した大学生293人