【サイモン・クーパーのフットボール・オンライン】ハダースフィールドの物語(1)

 イングランド北部のハダースフィールド。この平凡な町のフットボールクラブが昨シーズン、2部リーグに相当するチャンピオンシップ5位からプレミアリーグ初昇格を果たした。今季のプレミアでの滑り出しは絶好調。第3節を終えた時点で3位につけている。未知の世界での戦いに、クラブ関係者やファンは何を思っているのか。サイモン・クーパーの現地取材を3回シリーズでお届けする。


ドルトムント時代、ユルゲン・クロップに影響を受けたハダースフィールドのデイビッド・ワグナー監督 photo by Getty Images

 ハダースフィールド・タウンFCのトレーニンググラウンド「PPGカナルサイド」。ここの食堂のビーフカレーは4.95ポンド(約700円)だ。

 ランチの列に並ぶ僕たちの後ろには、クラブのドイツ人ディフェンダーで、熱烈なファンがいるミヒャエル・ヘフェレの姿も見える。外の芝生にはお年寄りが集まって、雨が降り続けているのに、ローンボウリングを楽しんでいる。

 カナルサイドは以前、地元の化学工場で働く人たちの社交場だった。今では、男性労働者の社交クラブの中流版のような雰囲気になっている。

 メンバーはこのクラブを、プレミアリーグのハダースフィールド・タウンの選手たちと一緒に使っている。かつてはハダースフィールドのファンで、現在は会長を務めるディーン・ホイルは言う。

「カナルサイドがあるおかげで、選手たちは正直になれる。週末の試合に負けても、月曜の朝にはこのクラブでファンと顔を合わせなくてはならない。古くからのファンのなかには、厳しいことを言う人もいる。その一方で選手たちは、ここでスヌーカーやローンボウリングを楽しむ人たちの顔を覚える。選手のほうからサポーターに『やあ、どうも』などと声をかけている」

 そうはいっても、ここでは選手のほうがいくらか優遇されている。僕がフルーツのデザートを注文しようとしたら、食堂の女性スタッフに「ごめんなさい、これは選手向けなの」と言われた。

 しかし、こんなふうにファンと選手が交流することは、マンチェスター・ユナイテッドではありえない。カナルサイドの風景はプレミアリーグへ意外な昇格を果たしたクラブについてだけでなく、このクラブが本拠を置く町について多くのことを教えてくれる。

 カール・マルクスの友人であるフリードリッヒ・エンゲルスは、ハダースフィールドについて、こう書いている。「ランカシャーとヨークシャーの工場町では、群を抜いて美しい。その魅力的な位置と、近代的な建築のおかげだ」

 1908年にフットボールのクラブが設立されたとき、ハダースフィールドは繊維業で栄えていた。薄茶色の砂岩を使った工場主の邸宅は、当時の繁栄ぶりを今に伝えている。

 ハダースフィールド・タウンFCが最高の栄光をつかんだのは、1923〜24年シーズンから1925〜26年シーズンだ。このときは1部リーグで3連覇を果たした。

 3度の優勝のうち最初の2度をもたらした監督は、ハーバート・チャップマン。いまカナルサイドの受付には、彼の胸像が置かれている。チャップマンはアーセナルの監督に引き抜かれてしまったが、その後を受け継いだセシル・ポッターがチームを3度目の優勝に導いた。

 だがやがて、町の産業の低迷がクラブにも悪影響をもたらす。過去61シーズンのうち、ハダースフィールドがトップリーグに籍を置いたのは、1970年から72年の間だけだ。近くにあるリーズはハダースフィールドをライバルと認めず、同じく近場のマンチェスター・ユナイテッドを倒すことを目指していた。

 しかし90年代に入ると、ハダースフィールドの町(人口16万9000人)はいくらか上向きになってくる。1995年にはクラブの新しいスタジアム(イギリスで相次いだ新スタジアムの建設の先駆けだ)が、王立英国建築家協会(RIBA)の選ぶ「今年の建築」賞に輝いた。ハダースフィールド大学も評価が上がり、2013年には「今年のイギリスの大学」賞を受け、地元経済の中心になっている。古い繊維工場の一部は改修されて、学生の住居になった。

 クラブと町の絆は、驚くほど強い。名だたるクラブが多い地域にあることから、ハダースフィールドを応援するのは地元っ子にほぼ限られる。土曜の午後には数千人が、町の中心部から歩いてすぐのホームスタジアムへ向かう。地元生まれで今はハリウッドスターのパトリック・スチュアートも、この町ではひとりのサポーターだ。

 ハダースフィールドは昨シーズン、イングランドの2部リーグに相当するチャンピオンシップを5位で終えた。その後、ウェンブリー・スタジアムで行なわれた昇格プレーオフ決勝に進み、劇的なPK戦の末にレディングを破ってプレミアリーグ初昇格を決めた。

 サポーターたちは涙した。ひとりが後に語った。「さえないシーズンがずっと続いたけれど、ウェンブリーに行ってすばらしい日を迎えることができた。あんな日はめったにあるものじゃない。最高の思い出だ」

 チャンピオンシップの昇格プレーオフ決勝は「フットボールで最も大金がかかった試合」と言われる。たとえハダースフィールドが今シーズン限りでチャンピオンシップに舞い戻ったとしても(多くの専門家はそう予測している)、プレミアリーグに昇格したことで少なくとも1億7000万ポンド(約238億円)のテレビ放映権収入が入る。比較のために2015〜16年シーズンの数字を見てみると、ハダースフィールドの総売上は1130万ポンド(約15億8000万円)で、160万ポンド(約2億2000万円)の事実上の赤字を出していた。

 プレミアリーグに昇格したことで、すでにクラブは大きく変わった。「もう私たちは、ちっぽけなハダースフィールドではない。プレミアリーグの富にしっかり支えられている」と、会長のホイルは言う。

 コマーシャル・ディレクターのショーン・ジャービズは、提携を求める世界中の企業からの連絡をさばくのに大忙しだ。「メールが入ってきて読んでいると、すぐにまた10通くらい届くような状態。ワクワクするけれど、大変だよ」

 監督のデイビッド・ワグナーは言った。「私たちはハローとあいさつするためだけに、プレミアリーグに来たわけではない」

その言葉どおり、第3節を終えた時点でハダースフィールドは2勝1分で3位につけている。プレミアリーグでは、まだ失点を許していない。

 仮に1年だけでプレミアリーグから降格する結果が待っているとしても、選手もファンもこのシーズンを楽しむつもりでいる。生涯に1度のすばらしいシーズンになるかもしれないと、誰もが期待している。

 未知の世界での戦いに、ハダースフィールドの人々がそれぞれの立場から寄せる思いを聞いた。

[監督]

 監督のデイビッド・ワグナーのオフィスは、壁がとても薄いので、隣の部屋にいるスタッフの話し声が筒抜けだ。

 ワグナーはアメリカ人の軍人の父とドイツ人の母の間に生まれ、フランクフルトの近くで育った。ドイツのいくつかのクラブでフォワードとしてプレーし、90年代後半にはアメリカ代表として8試合に出場している。

 後にドルトムントのリザーブチームの監督に就任。「とても重要な役割を担っていたと思う」と、彼は言う。

 ワグナーはトップチームの監督だったユルゲン・クロップ(現リバプール監督)と、つねに激論を闘わせた。ワグナーはクロップの結婚式で、彼の介添人も務めている。

「彼(クロップ)のおかげで、指導者としての考え方を形づくることができた。僕らふたりは、同じタイプのフットボールをめざしていたから。プレスをかけて、素早く攻守を切り替えるゲームだ」

 2015年、ワグナーはクロップと同じく、イングランドへ渡るチャンスを手にする。「ハダースフィールドが連絡してきたとき、実を言うと、名前も聞いたことがなかった、それまでイングランドに行ったのは、ロンドンのヒースロー空港での乗り替えのときだけ。ドイツ人ならたいていするようなお決まりのロンドン観光も、したことがなかった」

 ワグナーはクラブのことをグーグルで調べ、ドイツ2部リーグ程度の力はあるだろうと思った。実際にハダースフィールドに来てチームを見てみると、それほどではなかったと、ワグナーは言う。

 だが彼は、ハダースフィールドのことを「熱く、野心があり、エキサイティングで謙虚なチーム」だと感じた。労働者の町の空気も、彼が育ったドイツのルール地方に似ていた。

 すぐにワグナーは、同じレベルのドイツ人選手とイングランド人選手を比べると、ドイツ人のほうが安くつくことに気づいた。「プロ意識という面では、ドイツ人選手のほうが上だ。食事に気を遣ったり、トレーニングをきちんとしたり」

 そこでワグナーは、ほとんどがイングランド人選手だったチームに、ドイツ人を何人か入れた。「イングランド人選手のほうが上を行っていたのは、メンタルの部分だ。ラグビーの影響がいくらかあるのではないかと思う。どこかを痛めても顔に出さず、そのままプレーを続ける。ドイツでは見られない光景だ。そこで、ドイツ人のプロ意識とイギリス人のメンタルを融合しようと試みた」

 初めて経験する監督の仕事で、ワグナーはクロップがリーダーシップについて言い続けていたことを頼りにした。

「彼はいつも言っていた。『考えていることを正直に、わかりやすく、はっきり言え。たとえ仲間が聞きたくないことでもだ。自分を偽ってはいけない。周りの人たちにも、そして自分自身にも』」

「仕事を始めたときから、この言葉が頭にあった。私が考えていることと、まったく同じだ。最初のシーズンに、われわれは5連敗したと思う。そんなときにも、状況にまっすぐ向き合わなくてはいけない。記者たちに『何も問題はない』などと言ってはいけない。選手には何が問題かを、はっきり伝える。ときには何も悪いところがなく、運だけの問題であることもある」

 今、ハダースフィールドのファンは「デイビッド・ワグナーは、クロップより上だ!」とチャントをする。ワグナーは、イングランドのフットボールに魅せられたと言う。「集中力がすばらしいし、レフェリーがやたらと笛を吹かないところもいい。ここには正直なフットボールがあるのだろう。応援するクラブの選手がダイビングをしたら、ファンはブーイングを浴びせている」
(つづく)

■【サイモン・クーパーのフットボール・オンライン】記事一覧>>

■海外サッカー 記事一覧>>