豪州メディアが2位争うサウジを酷評 「日本に勝つために必要なものを持っているとは…」

写真拡大

豪州メディアは命運握るサウジの一戦を「日本はサウジを超越する」と予想

 ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予戦は5日、いよいよ最終節を迎える。

 すでに日本が本大会出場を決めているグループBの注目は、2位サウジアラビアと3位オーストラリアのどちらがW杯自動出場権を手にする2位に入るかだ。オーストラリアのメディアは「サウジアラビアが日本に勝つために必要なものを持っているとは思わない」と展望している。

 サウジアラビアは8月29日のUAE戦に1-2で敗れ、一方のオーストラリアも同31日の日本戦に0-2と完敗を喫した。現在、サウジアラビアとオーストラリアは勝ち点16で並び、得失点差で前者が2位。すべては最終節の結果に委ねられることになった。

 最終節、先に試合を行うオーストラリアは最下位タイと対戦(現地時間5日20時キックオフ/日本時間5日19時)。サウジアラビアは、そこから7時間半後にホームで日本と激突する(現地時間5日20時半/日本時間6日2時半)。再び勝ち点で並べば得失点差、あるいは得失点差が同じ場合は総得点で上回ったチームがW杯自動出場権を手にできる2位でのフィニッシュとなるが、オーストラリアのサッカー専門サイト「デイリー・フットボール・ショー」は、日本とサウジアラビアの一戦について「日本はサウジアラビアを超越する」と特集を組んでいる。

 記事では、サウジアラビアが最終予選初戦でタイに1-0とPKでなんとか勝利を収めた事実に触れながら、スポーツ専門テレビ局「FOXスポーツ」アジア版のスコット・マッキンタイアー記者の見解として、「サウジアラビアが日本に勝つために必要なものを持っているとは思わない。日本相手にポイント(勝ち点)を取ることさえ保証されていないし、日本が楽々と勝つ可能性は大いにある」とのコメントを紹介している。

「ホンダはいまだ大スター。自分を証明できる」

 また、同サイトは日本についても言及。バヒド・ハリルホジッチ監督や岡崎慎司は“消化試合”でも勝つためにプレーすると主張しているが、「強いチームを送り出すかは疑問だ」とし、オーストラリア戦で出番のなかった選手たちの起用の可能性を指摘している。

「オカザキとホンダは、もはや日本のファーストチョイスから外れている。だが、ホンダはいまだ大スターで自分自身を証明できる」

 記事ではマッキンタイアー記者の見解を記しており、本田らベテランがサウジアラビア戦の鍵を握ると考えているようだ。

 果たして、グループ2位でワールドカップ出場権を得るのはサウジアラビアか、それともオーストラリアか。勝負の行方から目が離せない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images