4日、香港映画界を支える「四天王」の顔ぶれについて、ネットユーザーが厳選した4人のビッグスターを新浪が伝えている。メイン写真はジャッキー・チェン。

写真拡大

2017年9月4日、香港映画界を支える「四天王」の顔ぶれについて、ネットユーザーが厳選した4人のビッグスターを新浪が伝えている。

【その他の写真】

近年は中国映画界にあらゆる資源を吸収され、かつての輝きを失っている香港映画界。そんな中で、大盛況だった頃から活躍し、今も映画界を支える「四天王」をネットユーザーが厳選。真っ先に名前が挙がり、一番人気となったのはアクションスターのジャッキー・チェン(成龍)だった。

続いて紹介されているのは、香港で主演映画が過去8回も年間トップの興行収入を記録したコメディスターのチャウ・シンチー(周星馳)。映画「男たちの挽歌」などで人気がアジア中に拡大し、ハリウッドにも進出したチョウ・ユンファ(周潤發)も「四天王」の1人だ。

最後に選ばれたのは、1980年代から活躍し続けているアンディ・ラウ(劉徳華)。これまで香港行政特別区政府から太平紳士(Justice of the Peace)など三つの勲章を授与され、誠実で真面目な人格者としても知られる。

数々のスターを生んできた香港映画界だが、トニー・レオン(梁朝偉)、レスリー・チャン(張国栄)、レオン・カーフェイ(梁家輝)といった名優たちは今回の「四天王」には入っていない。なお、香港映画の名を世界に鳴り響かせた貢献者と言えばブルース・リー(李小龍)だが、故人であることと、活躍した年数があまりに短いことで「四天王」からは外れている。(翻訳・編集/Mathilda)