「世界を旅するホイヤー・ヴィンテージ」

写真拡大

 スイスの高級時計ブランド「タグ・ホイヤー(TAG Heuer)」が、エキシビジョン「世界を旅するホイヤー・ヴィンテージ」をエスパス タグ・ホイヤー表参道で開催する。会期は9月16日から10月9日まで。
 今回のエキシビションは、スイス本社のミュージアムに所蔵されている貴重なヒストリカルピースを世界10都市で同時に展示する初の試み。東京をはじめパリ、ジュネーブ、ミュンヘンなど都市ごとに展示テーマが設られ、それぞれの都市のコレクターによる所蔵品も展示する。
 東京では「モーターレーシング&歴史を重ねたデザイン」をテーマに、1911年に発表された世界初の自動車・航空機両用ダッシュボードクロノグラフ「タイム・オブ・トリップ」を日本初公開。このほか、1916年に特許を取得した世界初の1/100秒計測を可能にしたストップウオッチ「マイクログラフ」や、現在もブランド・アンバサダーであるアイルトン・セナが愛用した「セル」、1960年代の「カレラ」「オウタヴィア」「モナコ」といった人気のコレクションが50点以上展示される。