フアン・マルティン・デルポトロ【写真:Getty Images】

写真拡大

全米OP4回戦、風邪引いたデルポトロが大逆転勝ち「何で勝てたのかわからない」

 テニスの全米オープンは4日、男子シングルス4回戦が行われ、ラファエル・ナダル(スペイン)、ロジャー・フェデラー(スイス)ら優勝候補が8強進出を果たした。一方で次戦フェデラーと対戦するフアン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)が風邪で最悪の体調にながら、実力者のドミニク・ティエム(オーストリア)を倒す魂の勝利を奪ったという。ATP公式サイトが報じた。

 マッチポイント。相手のショットがチャレンジの末にアウトと判定されると、会場が熱狂に包まれた。両手を挙げ、応えると死闘を戦い抜いたティエムとがっちり握手。そして、コート上で立ったまま両足を広げ、大の字に手足を伸ばして天を仰ぎ、スタンディンクオベーションが織りなす歓声のシャワーを浴びた。

 あまりに感動的な試合に大会公式ツイッターもその模様を紹介。さらに、ATPの記事では試合直後、デルポトロは万感の思いで話したという。

「何でこの試合に勝てたのかわからないよ。僕は2日間、風邪を引いていて、何とかベストで戦えるようにとプレーした。僕に対して観衆が応援してくれるのを見た瞬間、気分が良くなった。彼らのおかげで、このように戦うことが出来たんだ」

 3回戦後に体調を崩し、ティエム戦を万全の状況で迎えることができず。第1セット1-6、第2セット2-6と立て続けに落とし、いきなり追い込まれた。

「途中で棄権しようかと…」、それでもデルポトロが戦い抜けた要因は?

「呼吸すらうまくできず、第2セット途中で棄権しようかと思った」と言うほどだったが、アルゼンチンを象徴する水色と白に身を包んだファンの大声援を受けると一気に挽回。3時間34分の熱戦を制し、崖っぷちから3セット連取の大逆転で準々決勝進出を果たした。

 記事によると、デルポトロは率直な思いを明かしている。

「僕は大勢の観衆の前で、大好きな大会の全米オープンで自分のキャリア最高の試合をすることができたよ。試合の最後のポイント後は本当に疲れたけど、それを通り越して嬉しかった。僕はツアーでベストプレーヤーの1人と素晴らしい戦いができた」

 また、対戦相手のティエムも「観客は彼の応援が多かったけど、それは素晴らしい雰囲気だったよ。自分自身もそれを楽しんでいたし、不公平ではない」とすがすがしく勝者を称えた。

 デルポトロは09年大会決勝で6連覇がかかったフェデラーにフルセットの末に勝利。自身初、そして現在までのキャリア唯一となるグランドスラム制覇を成し遂げた。

 肉体の限界を乗り越え、準々決勝でフェデラーとのリマッチに挑むことになる。

「途中で棄権しようかと…」、それでもデルポトロが戦い抜けた要因は?

「呼吸すらうまくできず、第2セット途中で棄権しようかと思った」と言うほどだったが、アルゼンチンを象徴する水色と白に身を包んだファンの大声援を受けると一気に挽回。3時間34分の熱戦を制し、崖っぷちから3セット連取の大逆転で準々決勝進出を果たした。

 記事によると、デルポトロは率直な思いを明かしている。

「僕は大勢の観衆の前で、大好きな大会の全米オープンで自分のキャリア最高の試合をすることができたよ。試合の最後のポイント後は本当に疲れたけど、それを通り越して嬉しかった。僕はツアーでベストプレーヤーの1人と素晴らしい戦いができた」

 また、対戦相手のティエムも「観客は彼の応援が多かったけど、それは素晴らしい雰囲気だったよ。自分自身もそれを楽しんでいたし、不公平ではない」とすがすがしく勝者を称えた。

 デルポトロは09年大会決勝で6連覇がかかったフェデラーにフルセットの末に勝利。自身初、そして現在までのキャリア唯一となるグランドスラム制覇を成し遂げた。

 肉体の限界を乗り越え、準々決勝でフェデラーとのリマッチに挑むことになる。