早く”一人暮らし”をはじめて!結婚できない「幼いアラサー女子」の特徴5つ

写真拡大

こんにちは。婚活・恋愛コンサルタントの菊乃です。
30代以上の方で「これをやったら彼氏ができた」「結婚した」という最も効果があることが一人暮らしです。

モテない以前に幼すぎて、信頼できる大人にカウントされていないのです。
そんな幼すぎる30代女性にありがちな特徴を説明します。

●(1)昭和の子供部屋のまま

実家暮らしの方で部屋がキレイな方が少ないのです。
ご相談者には任意でお部屋の写真も持ってきてもらうのですがなんども学習机が置いたまま、電気の延長紐がついたままの部屋を見ました。
学生時代のテキストがあるとか、子供向け家具がそのままとか。
今はとっくに平成なのに、昭和から時間が止まっている のです。

その部屋で寝起きして大人の自覚が持てるわけがない。

●(2)受け身で「○○されない」と他人に要求しすぎる

自然にこの年なら結婚していると思っていたという方がほとんど。
「コンパは誘われれば行く」「連絡先は聞かれたら教える」と非常に受け身。
大人として当たり前のことも「言われなかったからやってこなかった」なのです。

●(3)お金の管理ができず実家暮らしでも貯金が少ない

銀行勤務の方などはたいてい財形貯蓄などしていて、貯金しているので全員ではないのですが「一人暮らしできるほど収入がないから実家暮らしです」という割にムダ遣いが多い。
脱毛エステの勧誘を断れずに契約して数十万のローンを組む、新発売のスイーツをよく買う、独身女性同士の女子会・旅行、料理しないのに料理教室などでお金が出ていく。

「オシャレなお店でご飯を食べているから大人だと思っていた」と大人気分に財布を開き、お金の管理ができないのです。

●(4)友達もみんな実家暮らしだから自分を「普通」と思っている

一人暮らしを始めると交友関係が変わるとよく聞きます。
実家暮らしの友達と集まる女子会に行かなくなり、一人暮らしの友だちが増えるのです。
実家暮らしのうちはその人間関係の「普通」に染まっていて気が付けない。

「私の友達は実家暮らしでも結婚したよ」
「みんな実家暮らしだよ。料理教室行って何が悪いの?」
そう思う方もいるでしょう。
実家暮らしの方と「社会人なのだから一人暮らしするのが当たり前」と思っている一人暮らしの方と、二極化していてそれぞれがお互い知らない世界の人間 なのです。

こういう発信を見て「私の周りには30代実家暮らしなんていないけど」って人もいる。
私も友達に実家暮らしがほぼいなくて実は昔びっくりした側です。
自立することの優先順位が低い人と高い人は付き合う世界が違う。

●(5)自分を棚上げして男性には経済的自立を求める

そんな女性も「男の実家暮らしはない」とかいうのです。
家から通える範囲で仕事を探し、一人暮らしに踏み切れない低所得。
親の保護下を出るなら次に保護してくれる相手を望むのだ。寄生先を探すように。

若さもキャリアも生活力もない女性 を選ぶメリットはなんでしょうか?

----------

しかしこんな幼い独身女性たちも、子ども時代は聞き分けのいい従順ないい子だったのです。

やりなさいといわれたことはやって来ていた。
大人だし自分のことを自由に決めれるのですが、自由の使い方が分からない。
自分のやりたいことより、誰かが正解を教えてくれるのを待っている。

自分の思っている「いい男の条件」も実は親やどこかの誰かがいっていた「いい男」を鵜呑みにしているだけで、あなたにとっての「いい男の条件」じゃない場合も。
いつ大人になるのでしょうか?

●ライター/菊乃(出会いゼロ女子の恋愛コンサル)