俳優の高橋一生(36)が4日、都内で開催されたNHKで放送される海外ドラマ『THIS IS US 36歳、これから』(10月1日スタート、毎週日曜 後11:00 全18回)の試写会に出席。恋愛、家族、仕事など、等身大の36歳の男女を描いたドラマで、人生の岐路に立つ36歳の主人公の一人、ケヴィンの吹き替えを担当した高橋は、「新しい作品に入るたびに、人との出会いがあって、得るものも大きいので、毎作品、毎作品が自分にとっての岐路」と、自身についても語りながら、作品をアピールした。

 同ドラマは、誕生日が同じ36歳の男女3人の物語。置かれている状況も性格も全く異なる彼らには、誕生日が同じであること以外にも共通点があった…。それぞれが人生の壁を乗り越えようとする中で、“大切なもの”を見つけだす。第1回からストーリーは予想もしない展開になっていく。

 36歳という年齢について高橋は「通過点。20代のころより縛られていたものから解放されて、体が軽くなっている気がします」と、最近の充実した仕事ぶりを裏付けるようなコメントも聞かれた。一方、私生活では独身でいることについて「結婚はタイミングらしいんですよ。この人だ、と思う人に出会う、そのタイミングが来るのを待っている。それでは遅い、自分から動き出さないと結婚できないみたいだ、と考え方が変わったら、その時にそう言いたいと思います」と核心部分はうまくごまかしていた。

ORICON NEWS

ORICON NEWSは芸能・音楽・映画・スポーツ・社会など多種多様なジャンルのニュースや動画・ランキングなど、トレンド情報を提供する総合ニュースサイトです。 ⇒http://www.oricon.co.jp/