今年で46回目の開催となった「SUPER GT SUZUKA1000km」は、 日本の耐久レースのさきがけとしてこれまでに数々のドラマと伝説を刻んできました。しかし残念ながらこの長い歴史は終わりを告げ、来年から新たな耐久レース「鈴鹿10時間耐久」に生まれ変わります。

ラストとなる鈴鹿1000kmを記念して、8月26日(土)・27日(日)に鈴鹿サーキットで開催された「SUPER GT SUZUKA1000km THE FINAL 1966-2017」で様々なイベントが行われました。

GPスクエアでは「伝説の鈴鹿1000km〜時代を繋いだハコレースの祭典〜」が行われ、1967年の参戦初年度でクラス優勝を果たし、1972年まで6年連続でクラス優勝を飾る目覚ましい活躍を見せたHonda S800(展示車両は1968年鈴鹿12時間耐久レース仕様車)など、鈴鹿1000kmの歴史を創った合計8台のマシンが展示されました。

そして「この素晴らしい歴史を僕たち受け継ぎますよ」と言っているかのようにそっと隣に展示されていたのが、鈴鹿10時間耐久中心車種となるGT3カーのNISSAN GT-R NISMO GT3(2015年バサースト12時間優勝車)とHonda NSX GT3。

鈴鹿10時間耐久は、世界各国で激戦が展開されている「FIA-GT3」車両や、SUPER GTシリーズ「GT300クラス」車両、スーパー耐久シリーズ「ST-Xクラス」車両が集い、同一レギュレーション、同一タイヤで行われる、今までにない世界統一戦です。

26日(土)に行われた前夜祭では、80年代から90年代初頭にかけて世界を席巻したグループCカー(NISSAN R92CP、TOYOTA TS010、タイサンスターカード ポルシェ962)、新な鈴鹿耐久レースの歴史を築くであろうGT3カー(GT-R NISMO GT3、NSX GT3)によるデモ走行も実施!

前夜祭の前半には星野一義監督、関谷正徳監督によるトークショーとデモ走行が行われ、グループCカーのサウンドが鈴鹿サーキットに響き渡りました。

前夜祭の後半に登場したのはジェンソン・バトン選手、小林可夢偉選手、中嶋一貴選手。

トークショーでは鈴鹿サーキットでの思い出やGT500マシンについて話してくれたのですが、中嶋選手がバトン選手に「来年SUPER GTフル参戦で出るの?」と会場にいる全員が聞きたかった質問をしてくれました(中嶋選手も一番聞きたかったことだったそうです)。

「来年?可能性はあるかもね」とバトン選手が返事をしていると、「ちょっと聞いてくださいよ!」といきなり立ち上がる小林選手。

「僕はGT出たいって言ったら2年かかったんですよ。ジェンソンを見て下さいよ。出たいって言ったらいきなりですよ!ワールドチャンピオンになると全然違うんやなって思いました」

と愚痴をこぼし、会場は大盛り上がり。笑いの絶えない楽しいトークショーとなりました。かつてF1で戦った仲間と久しぶりに再会したバトン選手は、終始笑顔でとても嬉しそう。F1ファンにとって夢のような時間だったのではないでしょうか。

トークショーの最中にヒソヒソ話を始めたバトン選手と小林選手。どうやら決勝レースのお互いの戦略を探り合っていたようです。それにしてもこの2人、話がとまりません。「はい、そこ!お話し聞きましょうねー」とツッコミたくなるくらいでした(笑)。

そして千代勝正選手も登場し、いよいよマシンのデモ走行がスタート! GT-R NISMO GT3は千代選手、日本初走行となるNSX GT3はバトン選手がドライブしました。

暗闇の鈴鹿サーキットを2台のマシンが駆け抜けて行く姿はなんとも幻想的で、鈴鹿10時間耐久を更に楽しみにさせてくれました。

デモ走行中には、前を走る千代選手をバトン選手がオーバーテイクしていく場面も! 千代選手は「最後は並走しようね、と約束していたのですが、思ったよりNSXのストレートスピードが速くでびっくりしました」と驚きを隠せない様子でした。

一方、バトン選手は

「初めて夜のサーキットを走るということで少しドキドキしていましたが、凄く良い経験でした。素晴らしいクルマで、この2台は来年凄い活躍をするのではないかなと思います。楽しみにしています」

と興奮冷めやらぬ様子で、NSX GT3の感想を話してくれました。

鈴鹿1000kmの歴史を創り上げてきたマシンと、新たな歴史を刻んでいくマシン。その両方を見ることができ、感慨深い気持になりました。来年からスタートする鈴鹿10時間耐久がどのようなレースになっていくのか、今から楽しみです!

(yuri)

【関連リンク】

ジェンソン・バトンが考えるスーパーGT鈴鹿1000kmでのオーバーテイクポイントは?
【Jenson Button FAN Meeting〜SUZUKA1000km THE FINAL〜】
https://clicccar.com/2017/08/27/504100/

売り切れ続出!SUZUKA 1000km限定メニューやオリジナルグッズが大人気
【SUPER GT SUZUKA 1000km】
https://clicccar.com/2017/08/27/504651/

新旧GTマシンが集合! 鈴鹿1000km前夜祭でジェンソン・バトンと小林可夢偉のヒソヒソ話がとまらない!?【SUPER GT SUZUKA 1000km 】(http://clicccar.com/2017/09/05/504953/)