ラファエル・ナダル、ロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】

写真拡大

全米OP準決で黄金対決の可能性…敗者が「フェデラーの方がタフだ」と語る理由

 テニスの全米オープンは4日(日本時間5日)、男子シングルス4回戦でロジャー・フェデラー(スイス)とラファエル・ナダル(スペイン)がともに勝ち上がり、8強進出した。注目される準決勝の黄金カード実現にあと1勝と迫ったが、敗れた選手が両雄について言及。「フェデラーの方がよりタフな相手だ」と持論を展開している。米紙「ニューヨークポスト」が報じた。

 フェデラーはコールシュライバー(ドイツ)に6-4、6-2、7-5でストレート勝ち。対するナダルもアレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)を6-2、6-4、6-1もストレートで下した。

 記事によると、ナダルに敗れたドルゴポロフは実現が迫るフェデラー対ナダルについて尋ねられ、両雄について言及。すると「僕にとっては、彼(フェデラー)の方がよりタフな相手だね」と断言した。その理由についてはフェデラー独特の戦いぶりがあるという。

「試合には本来、自分の流れとなる時間があるもの。しかし、フェデラーは対戦相手の時間を奪い去るんだ。ラファは、自分の時間を与えてくれる。その上での力勝負となる。自分の良さを出し合う試合になるんだ」

「王者」と評されるフェデラーと「帝王」と評されるナダルの両者をこのように比較。しかし、20度目のグランドスラム制覇を目指すフェデラーの方が上をいくようだ。

「ラファに通じたものが、ロジャーの前では役立たず」…両雄を隔てる差とは?

「ロジャーは波に乗ると、ボールに触ることすら許されない。ラファに通じたものが、ロジャーの前では役に立たないものになる。ラファは彼よりもアグレッシブルである一方で、相手にも自分の時間を与える。ロジャーは、ラファよりもはるかに強力なサーブからプレーの自由を奪う。ロジャーに対し、自分のゲームメークを展開するチャンスは限りなく少ないんだ」

 ナダルに対して通用していたものが、フェデラーに対しては通用しない。対戦相手の自由と流れを無慈悲に奪うほどの圧倒的な試合巧者ぶりは舌を巻くしかないようだ。

 この日、敗れたナダルについては「彼は紛れもなく世界最高のプレーヤーの1人だ」としながら「今日、僕にとってタフな戦いとなったのは、僕自身の調子が悪かったことが要因だ」と敗因を分析。「彼がとても良かったとここで言うのは少し無理があるだろう」と話したという。

 フェデラーは次戦でフアン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)、ナダルはアンドレイ・ルブレフ(ロシア)を迎え撃つ。8強を突破すれば実現する黄金カード。果たして、両雄が相まみえれば、ドルゴポロフが称賛したフェデラーに軍配は上がるのだろうか。