とあるドライバーが車で交差点に近づいた時のこと。

横断歩道に車が近づきすぎたことに腹を立てたのか、歩行者の男性がドライバーに対し文句をいい、中指を立てました。

下手をすればケンカになってしまいそうな雰囲気…しかし数秒後、ドライバーが声を上げて笑ってしまう事態が起こるのです!

ゴツン!

文句をいうことに夢中になり、前を見ていなかった歩行者の男性。思いもしない痛い目に遭ってしまいました…。

その後、恥ずかしさをごまかそうとしたのか、ドライバーに八つ当たり。

怒りながらの主張では、いくら正しいことをいったとしても相手には伝わらないものです。この男性には、もう少しだけ冷静になってほしいですね!

[文・構成/grape編集部]