代表復帰のファン・ペルシー、左ひざ前十字靭帯損傷か

写真拡大

2年ぶりにオランダ代表に復帰したロビン・ファン・ペルシー。だが、『beIN SPORTS Türkiye』などが気になる情報を伝えている。

フランス代表戦に途中出場した際、ファン・ペルシーは負傷していたという。そのため3日後に行われたブルガリア戦ではベンチ入りしなかった。

そして、診断の結果、左ひざの前十字靭帯を損傷していることが判明したという。そのため、数か月ほど離脱する見込みだとされている。

ただ、所属するフェネルバフチェからの発表はまだなく、それを待ちたいところ。

2015年夏にトルコに移籍したファン・ペルシー。この2年間で12回負傷しており、60日ごとに離脱していると伝える現地メディアもある。