容量40Ahのバッテリーでヘッドライトを点けっぱなしだと約5時間

 JAFによると、「バッテリー上がり」の要因の第一位は、「ライト類の消し忘れ」(51.7%)というデータがある。ライトにはヘッドライト、スモールランプ、ルームランプ、さらにはハザードランプの消し忘れなどが考えられるが、これらをつけっぱなしにしていると、どれぐらいでバッテリーが上がってしまうかは、正確なところはわからない。

 というのも、クルマによってバッテリーの容量が違うし、充電状態も、バッテリー自体の劣化具合も大きく異なるからだ。とはいえある程度の目安がないと困るので、およその手掛かりを探ってみよう。まずバッテリーの容量。

 国産の自動車用バッテリーは、カタログ等に「5時間率容量 ●Ah」とその容量が記載されている。「5時間容積量」というのは、完全充電したバッテリーを容量の5分の1の一定電流で放電し(25℃)、放電終止電圧の10.5Vになるまでの電流(A)と時間(h)の積でバッテリーの容量を表した数字のこと。

 バッテリーは、ある程度使用すると急激に電圧が低下し、放電能力を失ってしまう。その安全に放電を行える放電電圧の最低値のことを、放電終止電圧という。具体的には、5時間率容量=40Ahのバッテリーなら、8A×5時間=40Ahなので、8Aの電流を5時間取り出せる性能がある。

 次にクルマのライト類の消費電力を見てみよう。

 ヘッドライト(ハロゲン球 Lo)は、8.0〜9.5A

 スモールランプが、3.0A〜4.0A

 ハザードランプが、4.0〜8.0A

 ルームランプが、0.9〜1.2A

 (いずれも普通車)

 ということは、新品の5時間率容量40Ahのバッテリーが、100%充電されていた状態でも、ヘッドライトをつけっぱなしにすれば、最大でも5時間で空っぽに……。同条件でスモールランプなら約10時間、ハザードランプだと5〜10時間。ルームランプだと約40時間という計算になる。

 実際は、満充電になっていることは稀だと考えられるので、上記の数字の70%ぐらいの時間で、バッテリーは空っぽになるはず。さらに言えば、「バッテリー上がり=スターターが回らずエンジンが再スタートできない状態」のことを指すとすると、ある程度のバッテリー残量は必要になるので、さらに半分ぐらいの時間が限度ではなかろうか。

 というわけで、標準的なバッテリー容量で比較的新品に近く、容量の70〜80%が充電されている比較的好条件のバッテリーであっても、ハザードランプやスモールランプを消し忘れると、2〜3時間で再始動できなくなる可能性がある。

 条件次第では、もっと短時間でアウトな場合もあるだろうし、逆に一晩つけっぱなしでもエンジンが始動できたという例もあるだろう。ただ、どこか限界かチャレンジするのも無意味なので、クルマを止めるときは、ライトをきちんと消して、JAFのお世話にならないように……。

 付け加えると、バッテリー上がりの要因第2位は、「バッテリーの劣化」(31.4%)。ライトの消し忘れだけでなく、バッテリーやオルタネーターの点検も定期的に行って、バッテリー上がりを未然に防ごう。