苗場エリアと田代高原を結ぶ全長5481mの長さを誇る「ドラゴンドラ」

写真拡大

毎年10月から11月にかけて、木々の葉が赤や黄色に色を変える。今回は、多くのスキー場を運営するプリンスホテルおすすめの紅葉スポットを紹介!

【写真を見る】山頂駅まで2217mをつなぐ「八海山ロープウェー」

■ 苗場スキー場

苗場エリアと田代高原を結ぶ全長5481mの長さを誇る「ドラゴンドラ」。移り行く紅葉の美しい景色を眼下に眺めながら、片道約25分間の空中散歩を満喫できる。10月中旬から下旬が見頃。

■ 六日町 八海山スキー場

山頂駅まで2217mをつなぐ「八海山ロープウェー」からは黄色や赤の紅葉が景色に広がっている。さらに、11月頃の気象条件が良い日には冠雪と紅葉のコントラストが楽しむことができる。山頂駅周辺からは、紅葉とともに南魚沼の景色や天気の良い日には日本海、佐渡島まで見渡すことができる。10月中旬から下旬が見頃。 

■ 妙高 杉ノ原スキー場

山頂駅まで3074mをつなぐ「妙高 杉ノ原ゴンドラ」からは、色鮮やかに紅葉した木々が目の前に広がり、手の届きそうな迫力ある景観が続く。山頂にある展望デッキからは、野尻湖や北信濃の山々も見ることができる。10月中旬から下旬が見頃。

スキーシーズン本番の前に、紅葉の絶景を楽しんでみては。【ウォーカープラス編集部/坂尾康成】