夏休みが終わりに近づくと話題になるのが、「夏休みの宿題終わった?」というもの。

慌ててやる人やきっぱりと諦める人など対応はさまざまです。安達大丈夫(@mzzz0310)さんの息子も、慌てて始めようとした1人でした。

やってもいないのに分からないでしょ

小学校1年生の息子に出されていた宿題は、『ハチマキを結ぶ』練習。

しかし、まったくやらないまま夏休みは終わってしまいます。

ハチマキを返却するためにお母さんがアイロンがけをしていると、息子が突如やる気を見せたそうです。

「いまから練習する!」

「いや、いまから始めても無理だから」と伝えたところ、こんなひと言が返ってきました。

「やってもいないのに、未来が分かるわけないでしょ!」

小学1年生にして、このセリフ…カッコいい!まったく練習していなかった、という事実を除けば!

いっていることだけは正しい息子。

次の夏休みは言葉だけでなく、練習も全力でやってくれるといいですね!

[文・構成/grape編集部]