ある日、自宅に帰って来た男性。

いつものように部屋の電気をつけると、見慣れない姿が目に入りました。

「キ、キミは誰だい!?」

我が物顔で自宅にいたのは…。

出典:Nigeltown

なんとも愛らしい、1匹の猫でした。

帰宅すると、見知らぬ猫が!

椅子の上で、なんだかくつろいでいるような猫。突然の来訪者を見て、男性はビックリしてしまいます。

「あ、もしかしてお腹が減っているのかな?」

「ニャーニャー」と鳴く猫を見た男性は、猫にご飯をあげることにしました。しかし、猫を飼っていないため、近所のペットショップでエサを買うことにします。

一心不乱にご飯を食べている姿を見るに、本当にお腹が減っていたようです!

出典:Nigeltown

「一体どうして自分の家に…」

どうやら、猫には首輪が付いていないようです。

そのため男性は、近隣の人たちに「猫を飼っていますか?」と聞いて回ることにします。

出典:Nigeltown

しかし、どの家も「猫は飼っていません」という返事ばかり。これには男性も頭を抱えてしまったそうです。

男性はひとまず猫を医者に診てもらうと、しばらく自宅で保護することに。

出典:Nigeltown

出典:Nigeltown

猫は男性にべったり!常に男性の近くでリラックスしていました。

時には頭の上に乗り、時には足の上で寝転び…写真から、いかに懐いているかが伝わってきます。

気付けば、男性にとって猫は『家族の一員』になっていました。

出典:Nigeltown

現在、猫はバディと名付けられ、男性と一緒に暮らしています。

『我が物顔でくつろぐ侵入者』から、『家族の一員』になったバディ。2人の出会いは、運命だったのかもしれませんね!

[文・構成/grape編集部]