5日、韓国のガールズグループ「SUGAR」出身で、日本では伊藤ゆみ、ICONIQの芸名で歌手や女優として活動したアユミが、11年ぶりに韓国のバラエティー番組に出演した。写真は韓国のパスポート。

写真拡大

2017年9月5日、韓国のガールズグループ「SUGAR」出身で、日本では伊藤ゆみ、ICONIQの芸名で歌手や女優として活動したアユミが、11年ぶりに韓国のバラエティー番組に出演した。OSENなど韓国の複数のメディアがアユミの「韓国復帰」を伝えている。

アユミは4日に放送されたMBNテレビの新番組「ピヘン少女」に出演、東京でのシングルライフについて率直に語った。「ピホン(非婚)がヘンボク(幸福)な少女」を意味するタイトルを冠した同番組は、結婚しないこと(非婚)を自ら選択した女性芸能人らの日常を伝えていくものだ。

アユミは番組の中で、「日本で活動するため韓国人だという事実を隠していた」との自身にまつわるうわさについて問われ、「(うわさは)事実ではない」と否定、「韓国で韓国人として活動していたことよりも、アイドルだったという事実を隠したかった」と明かした。韓国の元人気アイドルという背景なしに、「日本で一からどれだけできるのかが知りたかった」のだという。

また、アユミは「私を日本人だと思っている人も多いが、私は韓国人だ」と話し、韓国の緑色のパスポートを自ら開いて公開、「SUGARのメンバーたちも私をいまだに日本人だと思っているはず」と語り、視聴者を驚かせた。

この告白にはネット上でも驚きの声が上がっており、「韓国国籍だったとは!」「てっきり日本人かと思ってた」「もう10年以上も韓国で活動してなかったから、日本に帰化したのかと…」などのコメントが多数寄せられたほか、「韓国国籍なのは知ってたけど、日本で長く暮らしたから韓国語や韓国文化には疎いんだよね」「確か韓国語もきちんと話せないはず。国籍が韓国というだけで、事実上は日本人みたいだ」といった指摘もみられる。

また、「日本での活動中には一度も国籍の話をしなかったのに、韓国に来たら『韓国人です』か…おかしな話だ」「考え方や心の中はもう日本人なのでは?日本での商売が駄目だからまた韓国に来たみたいだけど…」「日本では日本人のふり、韓国では韓国国籍を発表ってどうなの?」など厳しい意見も。

一方で、「昔よりも韓国語がはるかに上手になってると思う」とのコメントや、「日本に留学した時に出会った在日同胞は、韓国語もできず日本名を使っていても、ほとんど韓国国籍だったよ」と、アユミの事例が特別ではないとする指摘もあった。(翻訳・編集/吉金)