今はレギュラー奪取へのプロセスを歩む柴崎。サウジ戦でアピールできるか。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 サウジアラビア戦に向けた取材の中で、柴崎は二度、「ワールドカップ」というフレーズを口にした。
 
 チーム内の競争について聞けば、「ワールドカップは11人で戦うわけではないので」。自身の守備に関して質問すれば、「求められていることを評価されるようなパフォーマンスを見せたい。監督も言っていますけど、今のままでは、ワールドカップでは十分な結果を得るには足りないと。僕自身もそう思います」といった具合だ。
 
 その才能と将来性にはかねてより大きな期待を寄せられているが、ハリルジャパンではまだ絶対的な存在ではない。それでも、レギュラーを勝ち取るためのプロセスの途上にいると同時に、柴崎は世界の舞台でいかに戦うかも考えている。
 
 いずれにせよ、まずはサウジ戦で久々に代表のピッチに立てるかどうか。そこでインパクトを与えられるか。
 
 2-0で勝利したオーストラリア戦はベンチで見守った。
 
「出るとしたら、負けているか、点が欲しいシチュエーションだと思っていたので、(出番は)ないかなと」
 
 求められるのは、よりゴールに直結した仕事だろう。スペイン移籍で守備力も著しく向上している。「様々な面で、今の自分を表現したい」と語る柴崎のプレーに注目だ。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表サウジアラビアトレーニング2日目PHOTO】移動バスが来ない珍事も選手達は淡々とトレーニング!