オフ車買ったら絶対行った方がいい!と言われる王道オフスポットの林道。

どうせ行くならキャンプもやろう!ということで一泊二日の林道キャンツーに行ってみました。バイクはもちろん、激安の125オフ車で!

林道って大体は山の上に登っていくので大自然の中を走ることになります。景色もいいし、空気も違くてめちゃめちゃアドベンチャーな気分。

もちろん携帯も通じないので本当に「冒険」という言葉がふさわしいツーリングです。

ちょっと不安な気持ちもあるけど、これを乗り越えたなんか変わるかもしれない、みたいな自分への試練という意味もあってテンション上がりっぱなし!

これはオンロードじゃ絶対できないバイクの楽しみ方ですね。

オフロードを走っているとどんなに気をつけていても大体コケます。下手なんじゃね?と思うかもしれませんが、コケない人は恐らくめちゃめちゃうまい人、もしくは歩いたほうが速い速度で走っている人です。

二人で走っているとどちらかがコケてお互いに助けあうのが当たり前になってくるので多少痛くても笑い話になるし、もっと仲良くなれるはずです!

オンロードを走っているとどうしても多少元気よく走りたくなり、その結果楽しいということがありますが、林道はスピードなんて関係ありません。

林道でスピード出したら本気で危ないです。普段とは違う路面とシュチュエーションってだけなのに楽しく思えるのがオフロードです。

先程も書きましたが、林道で攻めるとマジで危ないです。(オンロード以上に)

舗装されていなければルールもほぼ無いので当たり前のように反対側からバイクも走ってくるし、曲がった先で誰かコケてるとかだってあります。

攻めた走りをしたい場合はモトクロスコースとか、サーキットのような所に行かないと本当に谷底に落ちるのが現実味を帯びてきます。

これはオンロードでも同じことが言えますが、何度か走って慣れてきて物足りなくなってきた頃にもっとハードな所に行きたくなります。

今回僕はハードなエンデューロタイヤを履いて行きましたがどこを走ってもラクラクすぎるため、結局危ない方向に行ってしまうんです。

その点ベンリィはオンオフ兼用のタイヤだったので苦戦する所もたまにあり、それが楽しめていました。

コースに行ったら僕のほうが楽しめるでしょうが、林道という面では逆に走れないから安全で楽しい、という結果もありえるわけです。

メリット、デメリット色々書きましたが、MotoBe的にはバイクを使ったハイキングの延長、みたいな形で林道を楽しむのがオススメ。オフロードを走る上での最終目標が「レース」なのか「遊びの延長」なのかで相当変わってきます。

ハードに走りたい方は林道ではなくコースに行ったほうが楽しいし、安全です。MotoBe的には遊びの延長にバイクがあればいいと思っているので、今度林道に出掛けるときはわざと走りにくい原付スクーターで行くか、なんて編集部で盛り上がっています。

林道に挑戦してみたい!という方はぜひ参考にしてみてください!

(ライター:佐藤 快/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン)

【関連記事】


【ライダーの疑問】すり抜けってどうなの?警察官に聞いてみた


【夜ツーのススメ】夜の空港はブラッとツーリングに最適なスポットだった


【ROCK】音楽好きにはたまらない!ギターペイントのヘルメットがかっこ良すぎる!


ケツ痛解消できんの?ライダークッション「ワイルドアス」を500kmツーリングで使ってみた結果

林道へアドベンチャーキャンツーしてみた! ってことで、林道のメリット・デメリットをご紹介(http://clicccar.com/2017/09/05/502328/)