イギリスのウィリアム王子とキャサリン妃に、第3子ができたことが、9月4日(月)に正式発表された。

ウィリアム王子とキャサリン妃は、第3子をこれから迎える予定であることを、大変喜ばしい思いで発表いたします。

ジョージ王子、シャーロット王女を妊娠した際、妊娠悪阻とも呼ばれる酷いつわりに悩まされたキャサリン妃。今回も同じ症状があるようで、月曜日の朝に行うはずだった公務もキャンセルしたのだとか。

キャサリン妃は妊娠3ヶ月未満であるものの、体調不良によって公務を休む必要があるため、王室から公式に発表が出されたと予想されている。前の妊娠のときと同様、ケンジントン宮殿内で療養しているそう。

ハリー王子は喜びと、キャサリン妃の体調についてコメント。

最高です。本当に本当に嬉しい。キャサリン妃とはしばらく会っていないけれど、大丈夫だと思うよ。

<People>によると、実は7月には妊娠がほのめかされていたそう。夫妻が公務のためにポーランドを訪れた際のこと、ファンから新生児用のプレゼントを受け取ったキャサリン妃は「もっと赤ちゃんをつくらないとね!」と冗談っぽくコメントしていたよう。リップサービスだったのかもしれないが、実はこのときには既に妊娠に気づいていた可能性も。

イギリス、そして世界中に届いたハッピーなニュース。出産時期は4月末〜5月初旬あたりと予想されているそう♡