国会外交統一委員会で発言する康長官=5日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は5日開かれた国会外交統一委員会で、北朝鮮の6回目の核実験を受けた国連安全保障理事会の追加制裁の焦点に浮上している北朝鮮への石油の輸出禁止について、「議論されている重要なエレメント(制裁要素)のうちの一つだ」と述べた。

 康長官は「(北朝鮮の核実験を受けて)安保理緊急会合が開かれたが、米国側はすぐに制裁交渉に入った」とし、「速やかに追加の制裁要素が盛り込まれた決議を採択することを目標に、われわれを含めた主要国と作業を行っている」と説明した。

 康長官は4日に行われた中国の王毅外相との電話会談については、中国も追加制裁に対し前向きに考えていると感じたと伝えた。

 また、中国が北朝鮮に対する影響力を十分活用することが制裁や圧力の効率性と直結するとして、中国に対し働きかけを続けているほか、米中間での協議内容についてもさまざまなルートを通じて十分に報告を受けていると述べた。